HOME専門サービス事業者向け補助金事業系補助金サービス > 事業承継・引継ぎ補助金
事業者向け補助金

事業承継・引継ぎ補助金

事業承継・引継ぎ補助金とは?

事業承継・引継ぎ補助金とは、創業支援・事業承継・M&Aをきっかけとした
新しいチャレンジを行う事業者を応援する補助金です。

事業を引き継いだ中小企業者個人事業主が、
2017年4月1日2021年12月31日までに、
代表者変更
事業譲渡
株式譲渡
株式交換および移転
吸収分割および合併
新設合併
のいずれかを行うことで受給できる可能性が出てきます。

特に、代表者変更が対象となる補助金は珍しく、今が絶好のチャンスです!



また、令和2年度第3次補正予算「事業承継・引継ぎ補助金(経営革新)」の公募要領は5月24日、
「事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用)」の公募要領も6月10日に公表されました。
このうち経営革新コースでは、
従来の「経営者交代型」「M&A型」に加え「創業支援型」が追加されたほか、
補助上限額も引き上げられるなど、内容が大きく改訂されています。

募集開始から締め切りまでは大変タイトなスケジュールです!
お早めにご相談ください!

事業承継・引継ぎ補助金の取組み例

【農業】→育てている農産物を活用した小売商材製品の開発・販売
・設備費:サンプル商品保存用の冷蔵庫購入費用 等
・原材料費:サンプル商品製造用原料費要 等
・旅費:イベント展示会参加旅費
・広報費:イベント展示会出展費
・外注費:製品分析調査費、チラシ作成費
・委託費:営業業務委託費 等

【卸売・販売業】→新規販路開拓・海外展開
・外注費:HPリニューアル費、WEB用PR動画作成費、オーニング設置工事費

【製造業】→UIJターン者向け宅地分譲の販売事業
・設備費:ショールーム設置工事、駐車場整備工事費 ・廃業費:倉庫解体工事費

【建設業】→クラウド・RPAを活用した支援事業
・店舗等借入費:家賃 
・人件費

【宿泊・飲食サービス業】→地場産品の普及支援&新規顧客獲得
・設備費:機械導入費、冷蔵庫購入費、椅子・テーブル購入費 
・外注費:HP製作費
・人件費

【学術研究・専門/技術サービス業】→クラウド・RPAを活用した支援事業
・店舗等借入費:家賃 
・人件費

補助金概要

 

支援類型

補助内容

補助率

補助額

廃業を伴う場合の上乗せ額

①事業承継・引継ぎ補助金(経営革新)

創業支援型
(Ⅰ型)

廃業を予定している者から経営資源を引き継ぎ創業した事業者への支援

2/3

100万~
400万

200

経営者交代型
(Ⅱ型)

親族内承継等により経営資源を引き継いだ事業者への支援

2/3

100万~
400

200

M&A
(Ⅲ型)
M&A(株式譲渡、事業譲渡等により経営資源を引き継いだ事業者への支援 2/3 100万~
800万
200

②事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用)

買い手支援型     経営資源の引継ぎを受ける予定の事業者向け    2/3 50万~
400万
 ー 
売り手支援型    自社が有する経営資源の引継ぎを行う事業者向け     2/3 50万~
400万
200

 

令和2年度第3次補正予算のスケジュール

一次公募

公募期間      2021年6月11日(金)~2021年7月12日(月)18:00

交付決定日     2021年8月中旬(予定)

事業実施期間    交付決定日~2021年12月31日(金)まで

事業完了報告期間  交付決定日~2022年1月中旬(予定)まで

交付手続き     2022年3月下旬(予定)

 

二次公募

公募期間      2021年7月13日(火)~2021年8月13日(金)18:00

事業実施期間    交付決定日~2021年12月31日(金)まで

※詳細が公表されましたら、追って情報を更新いたします。

支援類型

創業支援型(Ⅰ型)

以下の内容を伴う補助事業であること。


①新商品の開発又は生産
②新役務の開発又は提供
③商品の新たな生産又は販売の方式の導入
④役務の新たな提供の方式の導入
⑤事業転換による新分野への進出
⑥上記によらず、その他の新たな事業活動による販路拡大や新市場開拓、生産性向上等、

 事業の活性化につながる取組等

 

経営者交代型・M&A型(Ⅱ型・Ⅲ型)

①以下のAかBのいずれかを満たすこと。

A.新事業展開等要件
・「新商品の開発又は生産」、「新役務の開発又は提供」、「事業転換による新分野への進出」の、

 いずれかの内容を伴う事業計画であること。
・事務局が定める期間において従業員数を1名以上増加させる計画であること。

B.生産性向上要件

 承継者が2017年4月1日以降から交付申請日までの間に、

 本補助事業において申請を行う事業と同一の内容で、

 「先端設備等導入計画」又は「経営革新計画」いずれかの認定を受けていること。

②代表者は以下のいずれかの要件を満たす必要がある。
 

⑴経営経験を有している(事業)者

 ・対象会社の役員として 3 年以上の経験を有する者

 ・他の会社の役員として 3 年以上の経験を有する者

 ・個人事業主として 3 年以上の経験を有する者

 ※上記について、2021年12月31日までに上記基準の年数を超えること。
 

⑵同業種での実務経験等を有している(事業)者

 ・対象会社・個人事業に継続して 6 年以上雇用され業務に従事した経験を有する者

 ・対象会社・個人事業と同じ業種において通算して 6 年以上業務に従事した経験を有する者

 ※上記について、2021年12月31日までに上記基準の年数を超えること。

 

⑶創業・承継に関する研修等を受講した(事業)者

専門家活用(買い手支援型)

①廃業を予定している者等から有機的一体として機能する経営資源を引き継いで、

 創業して間もない中小企業者等であり、以下の要件を満たすこと。

 

 ・創業を契機として、引き継いだ経営資源を活用して経営革新等に取り組む者であること。

 ・産業競争力強化法に基づく認定市区町村又は認定連携創業支援事業者により

  特定創業支援事業を受ける者等、一定の実績や知識等を有している者であること。

②事業再編・事業統合に伴い経営資源を譲り受ける予定の中小企業等であり、

 以下の全ての要件を満たすこと。

 

 ・事業再編・事業統合に伴い経営資源を譲り受けた後に、
  シナジーを活かした経営革新等を行うことが見込まれること。

 ・事業再編・事業統合に伴い経営資源を譲り受けた後に、
  地域の雇用をはじめ、地域経済全体を牽引する事業を行うことが見込まれること。

 

専門家活用(売り手支援型)

事業再編・事業統合に伴い自社が有する経営資源を譲り渡す予定の中小企業等であり、
以下の要件を満たすこと。

地域の雇用をはじめ、地域経済全体を牽引する事業等を行っており、

 事業再編・事業統合により、これらが第三者により継続されることが見込まれること。

 

こんな時は、弊社へ問い合わせください

事業承継・引継ぎ補助金補助金の対象となる経費はなに?

事業承継・引継ぎ補助金どのくらい補助金が支給される?

事業承継・引継ぎ補助金補助金の手続きの流れがわからない!

事業承継・引継ぎ補助金申請書の分量が多いが、人出を割く余裕が無い。

事業承継・引継ぎ補助金経営やM&Aに詳しいプロからアドバイスをもらいたい。

弊社にご依頼いただくメリット

補助金申請で全国対応してきた実績を活かして、
中小規模事業者・個人事業主のみなさまをサポートします。


◎あらゆる業種のサポート実績

飲食店、理・美容院、ネイルサロン、整骨院、出版社、WEB制作会社、
コンサルタント会社・工事施工店・印刷会社など…  
企業、様々な業種の申請サポート実績がございます。  
それぞれの業種に合わせて、採択につながる申請書を作成することが可能です。


◎報酬について
報酬はお申し込み時にお支払いいただき、不採択の場合は返金いたします。
実績報告のサポートは含みません。
ご希望の場合は別途報酬が発生いたします。

※手続きに係る費用(謄本取得など)は別途発生いたします。
※事業構想が全くない場合は、お引き受けできかねます。
※着手金は不採択の場合でもお支払いいただきます。
★多数ご依頼の場合には、着手金なしも検討可能です。お気軽にご相談ください。

◎電話ヒアリングによる全国対応 
弊社では、20~30分の電話ヒアリングを行った上で申請書を作成致します。
(FAX・メールにて、ヒアリングシートのやりとりをさせていただきます。)
ご来社いただく必要はございませんので、全国対応が可能です。
必要に応じて都度ご連絡はさせていただきますが、事業者様のご負担を最小限に致します。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合せはこちらから

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. オンライン面談希望
  4. ※必須
  5. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

事業者向け補助金TOP

補助金ニュース

補助金パートナーシップ

事業系補助金サービス

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録