HOME専門サービス事業者向け補助金 > 事業再構築補助金 交付申請とは
事業者向け補助金

事業再構築補助金 交付申請とは

事業再構築補助金補助金採択がおりたら

事業再構築補助金は採択されて終わりではありません


最初の申請よりも、面倒な交付申請が待ち構えています。


事業再構築補助金における採択とは「提出した事業計画が補助対象として認められただけ」であり、記載した経費がすべて認められたわけではありません


実際に事業再構築補助金の給付額が決定するのは、経費の詳細などを記載した「交付申請書」を提出して問題がないと認められた後になります。

交付申請に必要な書類

・交付申請書別紙
・履歴事項全部証明書もしくは確定申告書
・決算書
・見積書(相見積が必要)
・建物費、機械装置・システム構築費の追加書類(パンフレット等の用意が必要)

交付申請期限

交付申請には明確な期限が定められていないものの、補助対象事業を行えるのは採択結果が出てから14ヶ月以内と定められているので、採択結果が届いたらすぐに手続きを開始するべきです。


交付申請が遅れると交付決定の審査も後ろ倒しになり、補助対象事業を実施できる期間が短くなってしまいます。

交付申請の審査について

交付申請の審査では、詳細に経費等の内容がチェックされ、補助対象経費が適切であるかどうかが判断されます。


もし、不適切であると判断されれば、当初申請した補助対象経費が修正・削除され、補助金額が減額されるケースもあります。

弊社に依頼するメリット3つ!

① 採択後の交付申請までサポート!

弊社は、採択がされた後の面倒な交付申請までサポートします

他社は公募申請までしかサポート対象でない場合が多いですが、弊社は追加料金無しで交付申請まで行います。


② 報酬は後払い制!
弊社の報酬は「後払い制」で頂いております!
報酬のお支払いは補助金の受給後にお支払いいただきます。
また、万が一補助金を受給できなかった場合は報酬は発生しません!

③ 全国対応からの依頼を受け付け中!
弊社は全国最大規模の行政書士法人です!
東京・名古屋・大阪に計4支店を構えているため、日本全国からの申請サポートを受け付けています。

 

  1. ※必須
  2. ※必須
  3. オンライン面談
  4. 主たる業種
  5. 上記以外に該当する業種がありましたら、ご記入ください。
  6. ■■要件確認項目■■
  7. ①申請主体をお教えください。
  8. 申請主体
  9. ②現在の事業内容を記載してください。
  10. ③新しく始める事業内容を記載してください。
  11. ④GbizIDプライムはすでに取得済みですか?
  12. GbizID
  13. 弊社を知った経緯は、下記のいずれになりますか?(複数回答可)
  14. 問合せ経路
  15. 利用規約及びプライバシーポリシーの内容に同意の上、
    送信ボタンをクリックしてください
 

事業者向け補助金TOP

補助金ニュース

補助金パートナーシップ

事業系補助金サービス

お客様の声
一覧はこちら

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録