HOME専門サービス事業者向け補助金 > CEV(電気自動車・V2H・外部給電器等)補助金
事業者向け補助金

CEV(電気自動車・V2H・外部給電器等)補助金

(最終更新:2022年4月5日)


クリーンエネルギー自動車を購入した、または購入を検討されている「個人・法人」の皆様に朗報です。
補助金により購入コストをカットできる可能性があります!

クリーンエネルギー自動車とその周辺機器(V2H・外部給電器)の購入費・工事費を対象とした補助金についてご案内します。

 

令和3年度CEV補助金の本予算が終了し、補正予算がスタートしました!

 もらえる補助金の金額がアップしました!

 

 

NEW 

令和3年度CEV補助金【補正予算】

1 補助対象

車両(電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車、超小型モビリティ)の「購入費の一部」

 

⑵充放電設備/外部給電器

⇒対象外(令和4年度CEV補助金では対象となる予定)

② 対象者

対象車両を購入した地方公共団体・法人・個人

※中古車は対象外となります。

※自家用に限ります(事業用は対象外)。

※リースの場合はリース会社が申請者となります。

③ 対象車両・設備

こちらからご確認ください。
なお、上記は暫定のものであるため、今後追加される可能性もあります。

④ 対象となる期間

令和3年11月26日~令和5年2月17に、車両の初度登録(初度検査届出)された方

 

提出期限

車両の初度登録の日から1ヶ月以内の消印有効

⑤ 補助の上限額

・電気自動車:上限85万円

・軽電気自動車:上限55万円

・プラグインハイブリッド自動車:上限55万円

・燃料電池自動車:上限255万円

・超小型モビリティ:上限45万円

⑥ その他

●一定期間の保有義務

補助金を受けた自動車は、原則として初年度登録日から4年又は3年の保有義務が有ります。

やむを得ず、処分制限期間中に取得財産等の処分をする場合は、事前に手続きが必要となり、補助金の返納が必要となります。

 

Jクレジット事業への参加

個人が購入する、型式指定を受けた電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、超小型モビリティの場合は、CO2排出削減量のクレジット化を推進する J-クレジット事業を実施する「J-グリーン・リンケージ倶楽部」への入会が必要です。入会手続きはセンターが行います。

報酬

55,000円(税込)~

※申請完了時にお支払いいただきますが、不交付となった場合は全額返金いたします。

 

 

 

 

問い合わせフォーム

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. office
  4. ※必須
  5. 弊社を知った経緯をお選びください(複数回答可)
  6. 問合せ経路
  7. 利用規約及びプライバシーポリシーの内容に同意の上、
    送信ボタンをクリックしてください
  8. Captcha
 

事業者向け補助金TOP

補助金ニュース

補助金パートナーシップ

事業系補助金サービス

お客様の声
一覧はこちら

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録