HOME専門サービス大学・研究機関向け補助金 > 平成27年度 卓越した大学院拠点形成支援補助金
大学・研究機関向け補助金

平成27年度 卓越した大学院拠点形成支援補助金

サポート行政書士法人スタッフ

「卓越した大学院拠点形成支援補助金」とは、
博士課程の学生が学修研究に専念する環境を整備するために必要な経費を支援する補助金です。

優秀な学生を育て、世界で活躍できる研究者を輩出する環境づくりを推進する目的があります。

平成27年度の締め切りは5月24日(金)。
煩雑な申請書作成は当社にお任せ頂ければと思います。

当社は東京、名古屋、大阪にオフィスを構えており、 全国の大学のサポートが可能です。
相談無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

卓越した大学院拠点形成支援補助金補助金申請担当
私たちにおまかせください!

卓越した大学院拠点形成支援補助金について

実施体制

この補助金の申請においては、以下に留意する必要があります。

・事業者は大学の設置者(国立大学法人、公立大学法人、学校法人又は地方公共団体)、申請者は大学の学長。
事業者には研究拠点形成費等補助金(若手研究者養成費)が交付される。
・ 学長は、申請した内容及び取組全体に責任を持つ。
・ 専攻等の専任教員のうち、学生の研究指導、学位審査等の質保証を担当する等、
当該専攻等の取組の実施を責任ある立場で主体的に担う常勤の教員を、「実施担当者」とする。
・ 実施担当者のうち、事業の実施に関して責任を持つ常勤の専任教員1名を「実施責任者」とする。
・実施担当者は複数の申請に関わることができない。

補助金の対象となる経費

この補助金は以下の使途で利活用できますが、取り扱いには注意し、適切な管理執行が求められます。

・博士課程の学生をリサーチ・アシスタントとして雇用するための経費等の学生支援経費
・ 博士課程における教育研究指導に必要な経費
・ その他博士課程の学生が学修研究に専念する環境を整備するための経費として必要な
物品費、人件費・謝金、旅費、その他(光熱水料等)

当社に補助金書類作成をご依頼頂くメリット

大学 研究機関補助金 1.スピード対応で1日でも早く申請できるよう準備いたします。
当社はスピード対応を得意としております。
補助金申請を専門にしている行政書士に任せることにより、
要件の確認やスケジュール調整から書類作成までスムーズに準備することができます。

2.書類作成を外部委託することで、人的コストを削減できます。
申請書作成を依頼することで、申請書作成にかかっていた人的リソースを、
研究支援等の有意義な事業に充てることができます。

人件費も限りあるもの。ぜひ、煩雑な書類作成はアウトソーシングして、
効率的な大学運営にお役立てください。

また、産学連携補助金などの場合は、協力する中小企業との窓口になり、
連携申請をよりスムーズに進めることが可能です。

3.不正受給の予防につながります。
第三者が申請作業を代行することで、補助金の不正受給の予防につながります。
大学や研究機関として、補助金の適正受給・使用を進める上でも、
当社サポートをご利用ください。

相談や見積りは何度でも無料です。 セカンドオピニオンとしてのご相談も歓迎いたします。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

報酬

補助金の受給予定額や難易度によって、事前に見積もりいたします。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. オンライン面談希望
  4. ※必須
  5. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください