HOME専門サービス継続支援サービス > 会社を表す経営理念の策定支援
継続支援サービス

会社を表す経営理念の策定支援

社員がまとまっていないと感じたり、
経営者は孤独だと感じたりすることがあれば、
それは、経営理念が浸透していないからかもしれません。

社員が軸とするのは、経営理念です。
会社の根本の考え方で、あまり縛られる必要はありません。

どういう会社にしたいのかでもいいし、
何のために存在しているのかでもいいし、
どんな社会を作りたいかでもいいです。

大事なことは、自分達らしい言葉で、率直に表現することです。

他社のをそのまま持ってきたり、それらしい言葉を選ぶのではなく、
自らに向き合い、自社らしい経営理念を作りましょう。

作成の仕方には、いろいろな方法がありますが、
既存の社員から、案を出してもらい、それを踏まえて経営者が決めることをお勧めしています。

社員の想いが反映され、かつ経営者の言葉となるからです。

実際に決めてみて、しっくりこなかったら、変更しても大丈夫です。
難しく考える必要はありません。