HOME最新トピックス警備業認定の最新トピックス > 警備業の認定申請 ―スケジュールについて―
最新トピックス

2016年1月13日

警備業の認定申請 ―スケジュールについて―

 「申請をすればすぐに受理されて、審査後すぐに業務開始できるか?」という点ですが、
そうではないのです。

 
警備業を開始するにあたり、「警備員指導教育責任者」という、
現場監督のような方を営業所に配置する必要があります。
 
「警備員指導教育責任者」になるためには、最近5年のうちに3年以上警備業に従事している、
あるいは警備業関連の検定を取得している、など、明確な基準が設けてあります。
(参考:警視庁HP http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/k_keibi/
 
 
<最近5年以内に3年以上の実務経験がある または 検定に合格している など>
   ↓
<警備員指導教育責任者講習を受講>
  平均6日間程度。最終日に修了考査(100分40問)を受け、80%以上の得点で合格
   ↓
<修了者証を受領>
   ↓
<「警備員指導教育責任者資格者証」の交付申請>
 ※申請の際に、修了証、他に履歴書、住民票の写しなど、添付書類が必要になります。
(参考:警視庁HP http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/k_keibi/6sinsei/sinsei1.htm
   ↓
<申請書類・添付書類と共に警察署へ申請>
 ※会社の役員、警備員指導教育責任者、申請者に対して、それぞれ必要書類があります。
   ↓
申請後、約40日で認定・不認定が決定します。
 
 
といった流れになります。
認定後に、更に詳細な征服や護身用具についての申請等が伴ってきます。
 
 
弊社では、このような事業スタート時に出てくる様々なご不安点・疑問点などにご対応致します。
まずはお気軽にお問い合わせください。