最新トピックス

2012年8月22日

How to prove marriage

Q:
I am a foreign resident, married to a Japanese.
 
Actually I am 16 years old and my husband is 46 years old,so the difference in our age is big.
 
I heard, recently it is getting difficult to get a spousal visa because numbers of a sham marriage are increasing.
 
So, what should I prepare for the application?
 
 
A:
Other than preparing a public certificate of marriage such as a copy of a person’s family register “Koseki Tohon”,we recommend you to prepare documents to prove the love of you and him is true.
 
For instance, a document written about details of the first meeting, the first dating and the proposal of the marriage moreover some pictures of you and your husband.
 
But, usually it depends on your situation to decide what documents you will really need.
 
We can help your application with proper advice and suggestion for necessary documents.
 
We also can support making documents and go to an immigration office for application for you as “Total Support.”
 
So, if you would like to know more details, please contact us!
 
Consultation is FREE!
 
 
【Japanese translation】
Q:
私は、日本人男性と婚姻をした外国人の女性です。
私は16歳で夫は46歳となかなか年齢差があります。
近年では、偽装結婚の例も増え、審査が厳しくなっていると聞きましたが、
私が彼の妻として、「日本人配偶者等」のビザを申請するには、
どんなことをすればよろしいですか?
 
A:
戸籍謄本などの婚姻関係を証明する書類以外に、
二人の愛が第三者から見て、
真実であることがわかるような書類を出すことをお勧めします。
 
例えば、二人の出会いから交際、
プロポーズに至るまでの詳細が書かれた文書や、
二人が交際時にとった写真などです。
 
ただし交際の様子を証明する準備書類は、
夫婦によってケースバイケースで大きく異なります。
 
弊社では、効果的な書類とそうでない書類の判断を含め、
的確なアドバイスで、あなたの申請のお手伝いを致します。
 
繁雑な書類作成や申請も弊社でトータルサポートすることも可能なので、
一度、弊社にご相談ください。
面談は無料となっております。