HOME許認可飲食店営業許可 > キッチンカー(移動販売車)の開業について
飲食店営業許可

キッチンカー(移動販売車)の開業について

キッチンカー(移動販売車)

固定店舗を構えての営業よりも初期コストが抑えられ、立地面においてもリスクが少なく、
また、業態チェンジもしやすいといったメリットもあり、キッチンカーでの営業は昨今のトレンドでもあります。 しかし、営業を行うにあたっては飲食店営業許可を1つ取得すればOK!…。 というだけでは足りないことも多く、営業形態やエリア、提供内容によって、必要となる許可が増えたりと、意外にも店舗を構えての営業よりも複雑になる傾向があります。

キッチンカー(移動販売車)による営業種類

調理営業-車内で調理・加工・販売を行う。

・飲食店営業【焼きそば、サンドイッチ、弁当など】
・菓子製造業【パン、クレープ等】
・喫茶店営業【アルコールを除く飲料、アイスクリーム等】

販売業-調理済の商品を営業車で販売を行う。 ※車での調理・加工等は行わない。

・食料品等販売業【パック詰めされた弁当、袋詰めされたパン等】
・食肉販売業【包装された鳥獣の生肉等】
・乳類販売業【包装された牛乳、乳飲料など】
・魚介類販売業【包装された生食用魚介類】

事前に準備すること

・事業計画を立てる(営業場所、何をどのように販売するのか、資金計画、許可要件の確認等)
・食品衛生責任者資格取得
・保健所への事前相談
・営業車両確保・目処をつける(条件に適合するように内装設備の調整・改造)

設備要件等のポイント

・運転席と調理場の仕切りについて
・給水・排水タンクの設置・容量
・シンクの数(自治体によりシンクの数と大きさが違う)
・収納棚の設置(虫が入らないように扉が隙間なく締まることが重要)
・衛生面を保てる装備(石鹸や紙ナフキン等)
・換気設備(換気設置のないキッチンカーは許可が下りない)etc..

見落としがちなポイント

・提供するものによって営業許可が必要になります。
例:「弁当」と「飲み物」を提供
        ⇓ 
「飲食店営業」と「喫茶店営業」の二つの営業許可が必要となります。

・仕込み場所 調理営業の場合は車内で簡単な調理や加熱・盛り付けは可能ですが、仕込みは別の場所で 行う必要があります。仕込み場所と販売する場所が違う都道府県の場合は2つの営業許可が必要です。


例:仕込み場所-埼玉県→埼玉県○○保健所
  調理営業場所-東京都→東京都○○保健所

管轄の保健所によって審査の見解等も異なりますので、
どこの保健所に手続きを行うかの確認は重要なポイントとなります。

フランチャイザー(本部)様との提携

弊社では東京・大阪・名古屋に拠点があり、対応スタッフも多く在籍しておりますので、
加盟店様の新規出店・変更届出等を広範囲でお手続きをサポートさせていただくことが可能です。

まずはお気軽にご相談下さい!

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. ※必須
  4. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

飲食店営業許可TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談