HOMEビザ・帰化就労ビザ > 就労資格証明書
就労ビザ

就労資格証明書

就労資格証明書とは

就労資格証明書とは、日本に在留する外国人の方が仕事ができることを証明する書類です。

ただし、仕事をする場合に必ず就労資格証明書が必要というわけではありません。

外国人の方を雇用する企業へのメリット

雇用主にとっては、雇用しようとする外国人が日本で仕事をする資格を持っていることを確認できます。

在留カードと異なり、資格の該当する仕事内容を具体的に確認できます。

 
もしビザに問題がある方を雇用してしまった場合は、雇用主も責任を問われる可能性があります。
 
外国人を雇用する時に、就労資格証明書を取得してもらうことで安心してこようすることができます。
 

外国人の方で転職をする方へのメリット

転職して新しい職場で働きたいと思う外国人の方は、

雇用主に対して自分が就労できる在留資格があることを証明できます。

また、次回の更新の手続きに、あまり時間がかからないというメリットがあります。

転職した場合の更新申請は、新たな勤務先についてゼロから審査されるため、転職が無い場合と比べて、審査に時間がかかります。万が一不許可になって帰国しなければならない事態も考えられます。
 
転職のタイミングで、就労資格証明書を取得しておくと、安心して新しい会社お仕事をすることができます。
ただし、就労資格証明書の交付にも時間を要しますので、現在のビザの期限ぎりぎりの場合には就労資格証明書の申請はせず、更新手続きをすることをおすすめします。
 
この場合には、より慎重な申請しなければなりません。

就労ビザTOP

お客様の声
一覧はこちら

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談