HOMEビザ・帰化高度人材ビザ > 【高度専門職2号】在留資格変更許可申請
高度人材ビザ

【高度専門職2号】在留資格変更許可申請

「高度専門職2号」の在留資格は、「高度専門職1号」または高度外国人材としての「特定活動」の在留資格をもって一定期間在留した者を対象に、在留期限を無期限とし、活動制限を大きく緩和した在留資格として設けられたものです。

 

「高度専門職2号」の在留資格は、これらの外国人の中で、学歴・職歴・年収等の項目毎にポイントを付け、その合計が一定点数以上に達した人に許可されます。

提出資料

1.在留資格変更許可申請書1通

 

2.写真(縦4cm×横3cm)1葉

 ※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽、無背景で鮮明なもの。

 ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し、申請書の写真欄に貼付すること。

 

3.申請人のパスポートおよび在留カード提示

 

4.提出資料がカテゴリーにより分かれている場合は、所属機関がいずれかのカテゴリーに該当することを証する文書1通

 

5.入管法施行規則別表第三に規定する在留資格の項の下欄に掲げる文書

 

 ※所属する企業がカテゴリー1又は2に該当する場合、申請書並びに以下の6及び7を提出資料とし、

  その他の資料の提出は原則不要です。

 

6.直近(過去5年分)の申請人の所得及び納税状況を証明する資料

 

(1)住民税の納付状況を証明する資料

 

ア直近5年分の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)各1通

 ※お住まいの市区町村から発行されるものです。

 ※上記については、1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている

  証明書であれば、いずれか一方。

 ※市区町村において、直近5年分の証明書が発行されない場合は、発行される最長期間分について提出。

 ※上記の証明書が、入国後間もない場合や転居等により、市区町村から発行されない場合は、

  最寄りの地方出入国在留管理官署に問い合わせる。

イ直近5年間において住民税を適正な時期に納めていることを証明する資料(通帳の写し、領収証書等)

 ※直近5年間において、住民税が特別徴収(給与から天引き)されていない期間がある方は、

  当該期間分について提出。

 

(2)国税の納付状況を証明する資料

源泉所得税及び復興特別所得税、申告所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税、相続税、贈与税に係る納税証明書

 

(3)その他次のいずれかで、所得を証明するもの

 a預貯金通帳の写し適宜

 b上記aに準ずるもの適宜

 

7.申請人の公的年金及び公的医療保険の保険料の納付状況を証明する資料

 

 ※過去2年間に加入した公的年金制度及び公的医療保険制度に応じ、次のうち該当する資料

 (複数の公的年金制度、公的医療保険制度に加入していた場合、それぞれの制度に係る資料が必要。)

 ※基礎年金番号、医療保険の保険者番号及び被保険者等記号・番号が記載されている書類

 (写しを含む。)を提出する場合には、これらの番号の部分を黒塗りするなど、

  基礎年金番号、保険者番号及び被保険者等 記号・番号を復元できない状態にした上で提出する。

 

(1)直近(過去2年間)の公的年金の保険料の納付状況を証明する資料

 ※基礎年金番号が記載されている書類について、当該番号の部分を黒塗りするなど、

  基礎年金番号を復元できない状態にした上で提出する。

次のア~ウのうち、ア又はイの資料及びウの資料を提出する。

ア「ねんきん定期便」(全期間の年金記録情報が表示されているもの)

イねんきんネットの「各月の年金記録」の印刷画面

ウ国民年金保険料領収証書(写し)

 

(2)直近(過去2年間)の公的医療保険の保険料の納付状況を証明する資料

 

ア国民健康保険被保険者証(写し) 

イ健康保険被保険者証(写し)

ウ国民健康保険料(税)納付証明書

エ国民健康保険料(税)領収証書(写し)

 

(3)申請する方が申請時に社会保険適用事業所の事業主である場合申請時に、

社会保険適用事業所の事業主である方は、上記の「公的年金の保険料の納付状況を証明する

資料」及び「公的医療保険の保険料の納付状況を証明する資料」に加え、直近2年間のうち

当該事業所で事業主である期間について、事業所における公的年金及び公的医療保険の保険料に

係る次の資料ア及びイのいずれかを提出。

 

 ※健康保険組合管掌の適用事業所であって、アの保険料領収証書(写し)の提供が困難である

  場合は、日本年金機構が発行するイの社会保険料納入証明書又は社会保険料納入確認(申請)書

  に加え、管轄の健康保険組合が発行する健康保険組合管掌健康保険料の納付状況を証明する書類

  を提出すること。

ア健康保険・厚生年金保険料領収証書(写し)

 ※申請される方(事業主)が保管されている直近2年間のうち事業主である期間における、

  全ての期間の領収証書(写し)を提出する。全ての期間について領収証書(写し)が提出

  できない方は、下記イを提出すること。

イ社会保険料納入証明書又は社会保険料納入確認(申請)書(いずれも未納の有無を証明・確認する場合)

 

8.ポイント計算表(参考書式/出入国在留管理庁HP参照)

行おうとする活動に応じ、いずれかの分野のものを1通

 

9.ポイント計算表の各項目に関する疎明資料(基本例)

ポイントの合計が70点以上あることを確認できる資料を提出すれば足ります。該当する項目全ての疎明資料を提出する必要はありません。

ポイント計算表の各項目に関する疎明資料(基本例)

 

A:高度専門職1号イ B:高度専門職1号ロ C:高度専門職1号ハ

ポイント計算表の番号

ポイント計算表の各項目に関する疎明資料(基本例)

項目

該当する学歴の卒業証明書及び学位取得の証明書(ただし、を提出する場合は提出不要)

「複数の分野において博士若しくは修士の学位又は専門職学位」の加算を希望する場合、必要に応じて成績証明書の提出を求める場合があります。

学歴(ABC)

入管法別表第1の2の表の高度専門職の在留資格をもって在留する外国人(以下「高度専門職外国人」といいます。)として従事しようとする業務に従事した期間及び業務の内容を明らかにする資料(所属していた機関作成のもの)

職歴(ABC)

年収(契約機関及び外国所属機関から受ける報酬の年額)を証する文書

年収(契約機関及び外国所属機関から受ける報酬の年額)とは、(直前までの期間を含む)過去の在留における年収ではなく、申請に係る高度専門職外国人としての活動に従事することにより受ける(予定)年収を意味します。

年収(ABC)

発明者として特許を受けた発明が1件以上

そのことを証する文書(例えば、申請人の氏名が明記されている特許証の写し)

研究実績(AB)

入国前に外国政府から補助金、競争的資金その他の金銭の給付を受けた研究に3回以上従事

そのことを証する文書(例えば、申請人の氏名が明記されている交付決定書の写し)

研究実績(AB)

学術論文データベースに登載されている学術雑誌に掲載された論文が3本以上

論文のタイトル、著者氏名、掲載雑誌名、掲載巻・号、掲載ページ、出版年を記載した文書(様式自由)

申請人が責任著者であるものに限ります。

「学術論文データベース」とは、世界規模で研究者の学術論文に関する情報を収集し、提供している民間企業のサービスです。具体的には、トムソン・ロイター社(本社・カナダ)やエルゼビア社(本社・オランダ)が提供している学術論文データベースなどがあります。

 研究実績(AB)

その他法務大臣が認める研究実績

そのことを証する文書

 研究実績(AB)

従事しようとする業務に関連する日本の国家資格(業務独占資格又は名称独占資格)を保有、又はIT告示に定める試験に合格し若しくは資格を保有

そのことを証する文書(例えば、合格証明書の写し)

資格(B)

活動機関が入管定法別表第1の2の表の高度専門職の項の下欄の基準を定める省令第1条第1項各号の表の特別加算の項の規定に基づき法務大臣が定める法律の規定等を定める件別表第1又は別表第2に掲げるイノベーションを促進するための支援措置を受けている

そのことを証する文書(例えば、補助金交付決定通知書の写し)

特別加算(ABC)

活動機関が中小企業基本法に規定する中小企業者

1主たる事業を確認できる会社のパンフレット等

2次のいずれかの文書

(1)資本金の額又は出資の総額を証する次のいずれかの文書

ア法人の登記事項証明書

イ決算文書の写し

ウ資本金額、出資総額が確認可能な定款の写し

(2)雇用保険、労働保険、賃金台帳の写し等従業員数を証する文書

 特別加算(ABC)

活動機関が国家戦略特別区域高度人材外国人受入促進事業の対象として支援を受けている企業

そのことを証する文書(例えば、国家戦略特別区域高度人材外国人受入促進事業認定企業証明書の写し)

 特別加算(ABC)

活動機関が中小企業基本法に規定する中小企業者で、在留資格認定証明書交付申請等の申請日の属する事業年度の前事業年度(申請日が前事業年度経過後2か月以内の場合は前々事業年度)における試験研究費及び開発費の合計金額が、総収入金額から固定資産若しくは有価証券の譲渡による収入金額を控除した金額(売上高)の3%を超える

活動機関が会社・事業協同組合の場合

 

活動機関が中小企業基本法に規定する中小企業者で、在留資格認定証明書交付申請等の申請日の属する年の前年1年間(申請日が1月から3月の場合は前々年)における試験研究費及び開発費の合計金額が、事業所得にかかる総収入金額の3%を超える

活動機関が個人事業主の場合

試験研究費等が3%超であることを証する次のいずれかの文書1試験研究費等及び売上高等が記載された財務諸表の写し

2売上高等が記載された公的な書類(財務諸表、確定申告書の控え等)の写し、帳簿等の写し(試験研究費にあたる個所に蛍光ペン等で目印を付与)、試験研究費等の内訳をまとめた一覧表

3税理士、公認会計士、中小企業診断士による証明書(書式自由)

 

 

 

 

試験研究費等が3%超であることを証する次のいずれかの文書1試験研究費等及び事業所得にかかる総収入金額等が記載された財務諸表の写し

2事業所得にかかる総収入金額等が記載された公的な書類(財務諸表、確定申告書の控え等)の写し、帳簿等の写し(試験研究費にあたる個所に蛍光ペン等で目印を付与)、試験研究費等の内訳をまとめた一覧表

3税理士、公認会計士、中小企業診断士による証明書(書式自由)

 特別加算(ABC)

従事しようとする業務に関連する外国の資格、表彰等で法務大臣が認めるものを保有

そのことを証する文書

企業表彰、製品表彰については、受賞に当たり申請人が積極的に関与したものに限ります。

 特別加算(ABC)

日本の大学を卒業又は大学院の課程を修了

該当する学歴の卒業証明書及び学位取得の証明書

 特別加算(ABC)

日本語専攻で外国の大学を卒業又は日本語能力試験N1合格相当

卒業証明書又は合格証明書等の写し

 特別加算(ABC)

日本語能力試験N2合格相当

合格証明書等の写し

各省が関与する成長分野の先端プロジェクトに従事

そのことを証する文書(例えば、当該事業に関する補助金交付通知書の写し及び当該プロジェクトに従事している旨の説明資料)

 特別加算(ABC)

以下のいずれかの大学を卒業

1大学格付3機関(クアクアレリ・シモンズ社(英国)、タイムズ社(英国)、上海交通大学(中国))の大学ランキングのうち2つ以上において300位以内の外国の大学又はいずれかにランクづけされている本邦の大学2文部科学省が実施するスーパーグローバル大学創成支援事業(トップ型及びグローバル化牽引型)において、補助金の交付を受けている大学

3外務省が実施するイノベーティブ・アジア事業において、「パートナー校」として指定を受けている大学

卒業した大学が、左記のいずれかに該当する大学であることを証する資料(法務省ホームページ写しの該当部分等)、該当する大学の卒業証明書及び学位取得の証明書

 特別加算(ABC)

外務省が実施するイノベーティブ・アジア事業の一環としてJICAが実施する研修を修了

JICAが発行する研修修了証明書(なお、同証明書が提出された場合は、申請人の学歴及び職歴その他の経歴等を証明する資料は、原則として提出を求めない。ただし、職歴のポイントの付与を希望する場合は、の疎明資料が必要となる。)

 特別加算(ABC)

本邦において貿易その他の事業の経営を行う場合であって、資本金又は出資額を証する資料(例えば、株主名簿)当該事業に自ら一億円以上を投資

資本金又は出資額を証する資料(例えば、株主名簿)

 特別加算(ABC)

活動機関の代表取締役・取締役、代表執行役・執行役又は業務を執行する社員(代表権を有する場合はその旨)であることを証する文書

地位(C)

投資運用業等に係る業務に従事

1申請人の所属機関の金融商品取引法第28条第2項に規定する第二種金融商品取引業、同条第3項に規定する投資助言・代理業又は同条第4項に規定する投資運用業に係る登録済通知書写し等

2申請人が上記のいずれかの業務に従事することを説明する資料(参考様式)

特別加算(BC)

 

高度人材ビザのことならサポート行政書士法人へご相談ください

 書類作成・確認サポート 高度人材ビザでは必要書類が許可のカギと言っても過言ではありません。

               ポイントの確認や、ポイントを証明する書類等、お客様一人ひとりに

               合わせてサポートさせて頂きます。

 

 ビザ専門チーム     経験豊富でノウハウの多いビザの専門チームが対応させていだきます。

 

 外国語対応可能     中国語・英語・韓国語・インドネシア語・ベトナム語等での

              対応も可能です。 

 

 全国対応可能      新宿・秋葉原・名古屋・大阪に支店があり、全国対応が可能です。  

 

 

お問い合わせはこちらから

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. office
  4. ※必須
  5. 弊社を知った経緯をお選びください(複数回答可)
  6. 問合せ経路
  7. 利用規約及びプライバシーポリシーの内容に同意の上、
    送信ボタンをクリックしてください
  8. Captcha
 

高度人材ビザTOP

許認可

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録