HOME未分類 > 痛み・シビレ等の症状

痛み・シビレ等の症状

後遺症障害認定

骨折後の痛みやシビレについては、交通事故による後遺障害と判断された場合、
「局部に頑固な神経症状を残すもの(第12級13号)」
と「局部に神経症状を残すもの(第14級9号)」のいずれかが適用されることになります。
 
灼熱痛など、特殊な性質の痛みについてはこの限りではありませんが、骨折後に生じる痛みやシビレについては、局所の神経症状として、基本的に第12級か第14級か、いずれかの障害等級となります。 
【第12級と第14級の違い】 
第12級=痛みやシビレの症状の存在が客観的な検査結果によって、他覚的に証明されているもの。
第14級=痛みやシビレの症状の存在が医学的に推定できるもの。

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報Facebook
  • 採用情報

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談