HOME未分類 > Q&A(交通事故事例)

Q&A(交通事故事例)

後遺障害認定についてよくあるご質問(交通事故事例)

交通事故による後遺障害として認められる、認められない、のポイントはどこにあるのですか? 

 

加重障害とは何ですか?  

 

過去に追突事故で頚椎捻挫を負い、第14級の認定を受け、今回、また追突事故に遭遇して頚部痛を自覚しています。

 後遺障害の申請をすると、障害の程度を重くしていないとして、加重に至らず非該当となりました。

 以前の事故の頸部痛は消えていても、過去に認定歴があるから非該当だと判断されるのはおかしくありませんか? 

 

追突事故による頚椎捻挫(腰椎捻挫)によって頚部痛(腰部痛)が続いています。

 しかし、自賠責保険では後遺障害に該当しないといわれました。

 今も症状は続いているのにどうして後遺障害として認められないのですか? 

 

追突事故による頚椎捻挫・腰椎捻挫による頚部痛・腰部痛に対して、

 自賠責保険における後遺障害として認められる場合、何級が認定されるのですか? 

 

頚椎捻挫・腰椎捻挫による頚部痛・腰部痛に対する障害認定で第12級と第14級の差はどこにあるのですか? 

 

医師から「頚椎椎間板ヘルニア」(または「腰椎椎間板ヘルニア」)と診断されました。

 頚(または腰)のMRI画像でもヘルニアがあると指摘されたにもかかわらず、

 後遺障害認定では第14級しか認定されませんでした。

 第12級が認定されないのはどうしてですか? 

 

自損事故で後遺障害が生じましたが、後遺障害認定が受けられませんでした。

 適正な補償を受けるにはどうしたらいいでしょうか? 

後遺障害認定についてよくあるご質問(交通事故事例)

 

  

交通事故による後遺障害として認められる、認められない、のポイントは

どこにあるのですか?

ポイントは大きく分けて2つあります。

1つは交通事故によって生じた障害といえるかどうか。

2つめは労災保険の認定基準に該当する障害といえるかどうか。この2点によって決まります。

交通事故による怪我は通常、怪我をした直後が最も重く、その後、徐々に回復していくのが一般的です。

ですから、交通事故から一定期間経過してから症状が出てきたような場合や、

症状が徐々に悪化しているような場合は交通事故と関係ない症状ではないか、と疑問を持たれることになります。

また、労災保険の認定基準には「肩凝り」「眼精疲労」「違(異)和感」「疲労感」といった障害は

掲載されていませんので、こういった障害が交通事故で生じたとしても、

後遺障害としては認められないことになります。

 

 

  

加重障害とは何ですか?

交通事故に遭遇される前からもともと後遺障害を有していた方が、

交通事故によって障害のあった場所に怪我を負い、その結果、後遺障害の程度が重くなることがあります。

このような場合を「加重障害」といいます。

このようなケースではもともと後遺障害のあった部位に新たな後遺障害が加わっても、

既存の後遺障害の該当する等級よりも高い等級にならなければ自賠責保険では補償を受けることができません。

たとえば、以前に事故による腰痛で第14級に認定されており、

以降に交通事故で増悪した腰痛の程度が第12級と判断された場合、

障害補償の額は第12級の保険金額(224万円)から、

もともとあった腰痛(第14級)の保険金額(75万円)を差し引いた差額分(149万円)のみが支払われることになります。

 

  

過去に追突事故で頸椎捻挫を負い、第14級の認定を受け、

今回、また追突事故に遭遇して頸部痛を自覚しています。

後遺障害の申請をすると、障害の程度を重くしていないとして、

加重に至らず非該当となりました。

以前の事故の頸部痛は消えていても、

過去に認定歴があるから非該当と判断されるのはおかしくありませんか?

自賠責保険の後遺障害は一生治らずに続くことを前提に認定されており、

賠償額についても生涯にわたって労働能力が喪失したことを前提として決められています。

そのため、仮に過去の交通事故で生じた後遺障害が当初の見込みに反して消失した場合でも、

さらに重ねて今回の交通事故による同一の後遺障害である頚部痛に対して、

第14級の損害賠償をすることはできないことになります。

 

   

追突事故による頚椎捻挫(腰椎捻挫)によって頚部痛(腰部痛)が続いています。

しかし、自賠責保険では後遺障害に該当しないといわれた。

今も症状は続いているのにどうして後遺障害として認められないのですか?

現在も症状が続いているにも関わらず自賠責保険における後遺障害として認められない理由としては、

大別して2つ挙げられます。

1つめは、交通事故との因果関係がないと判断されるケース。

2つめは、症状はいずれ治るだろうと判断されるケースです。

 

1つめの交通事故と因果関係がないと判断されるケースの代表的なものとしては、

①症状の発現が交通事故から一定期間経過後という場合

 (交通事故後、医療機関を受診するのが遅いというケースもここに含まれます。)、

②症状が変動している場合(症状の場所、性質等が最初から最後まで一貫していないようなケース)、

③症状に対する医療機関での治療が連続していないケース

 (交通事故の直後は頻繁に病院に通院していたが、途中で病院にいかなくなった。

  病院での治療日と治療日との間に数ヶ月の空白期間があるような場合など)があります。

 

2つめの症状はいずれ治るだろうと判断されるケースの代表的なものとしては、

診断書に「症状に回復傾向がみられる」「症状は徐々に軽減」といった記載がみられるケースです。

これらの判断は保険会社に提出された医療機関の診断書やレセプトと言われる治療内容を記した資料等を基に

判断されますが、上記のうち、いずれか1つにでも該当すれば、

おそらく、自賠責保険における後遺障害としては認められないと思います。

ただ、診断書などの資料に記載されている情報も主治医の新たな意見1つで変わる場合もあり、

この場合、異議申し立てを行なうことによって、後遺障害として認められる可能性が出てきます。

追突事故による頚椎捻挫や腰椎捻挫によって頚部痛や腰部痛といった症状が生じたケースについては、

内容にもよりますが、どの案件も基本的に異議申し立てをすることによって、

後遺障害として認められる可能性はあります。

 

 

   

追突事故による頚椎捻挫・腰椎捻挫による頚部痛・腰部痛に対して

自賠責保険における後遺障害として認められる場合、何級が認定されるのですか?

自賠責保険における後遺障害の等級は第1級から第14級まで14段階ありますが、

頚椎捻挫・腰椎捻挫による局所の痛みについては、「神経系統の機能又は精神」の障害として、

基本的に第12級(「局部に頑固な神経症状を残すもの」)か

第14級(「局部に神経症状を残すもの」)のいずれかが認定されることになります。

 

   

頚椎捻挫・腰椎捻挫による頚部痛・腰部痛に対する障害認定で

第12級と第14級の差はどこにあるのですか?

症状が「自覚的な症状」といえるのか、それとも「他覚的な症状」といえるのか。の違いです。

「自覚的な症状」というのは、医療機関で諸々の検査を行っても異常は見つからないにも関わらず、

症状を訴えられている場合のことを言い、「他覚的な症状」というのは、

医療機関で諸々の検査を行った結果、異常が認められ、なおかつ、

その異常と症状とが医学的に矛盾なく整合する場合のことをいいます。

ここで注意が必要なのは、仮に検査で異常が認められても、その異常が症状と無関係なものであれば、

「他覚的な症状」とは捉えられないことです。

例えば、追突事故で頚椎捻挫の受傷をし、頚部のMRI画像撮影を行ったら、

頚の右側に椎間板ヘルニアが見つかったとします。

しかし、訴えられている症状は左手の痛み、シビレだけだったとすると、

右側に椎間板ヘルニアに関係のない左手の痛みやシビレに対して第12級が認定されることはありません。

 

   

医師から「頚椎椎間板ヘルニア」(または「腰椎椎間板ヘルニア」)と診断されました。

頚(または腰)のMRI画像でもヘルニアがあると指摘されたにもかかわらず、

後遺障害認定では第14級しか認定されませんでした。

第12級が認定されないのはどうしてですか?

MRI画像で明確な異常が見つかっても、

それが症状の原因になっていると判断されなければ第12級が認定されることはありません。

「頚椎椎間板ヘルニア」(又は「腰椎椎間板ヘルニア」)というのは、

単に背骨と背骨の間でクッションの役割として存在するゴム状の組織が後方へ飛び出した状態のことを指し、

これがあるからといって、必ず症状が出るというものではないのです。

自賠責保険における後遺障害として第12級が認定されるか、されないか、は、

単にMRI画像で異常が認められる、認められないということではなく、

こうした異常を前提として、被害者の訴えている症状の出方や範囲に不自然な点はないか、

また、各種検査結果にヘルニアから生じる検査結果として不自然な点はないかといったことが、

専門医の意見も踏まえて細かく検討され、被害者の症状や各種検査結果、MRI画像等の因果関係が

医学的に矛盾なく繋がると判断された場合にのみ第12級が認定されます。

 

   

自損事故で後遺障害が生じましたが、後遺障害認定が受けられませんでした。

適正な補償を受けるにはどうしたらいいでしょうか?

後遺障害で保険金が支払われるのは、交通事故だけではありません。

旅行中、仕事中、スポーツ、犯罪…。ご契約中の保険内容に応じて保険金が支払われます。

適正な補償を受けられない理由の多くは、医師の記載する診断書に障害実態が正確に反映されていないことが原因です。

後遺障害によって、日常生活に多大な影響を及ぼしている方は、一度、診断書の記載内容を見直してみる必要があります。

保険会社は各社独自の基準に従って、後遺障害の審査を行います。

ベースとなる資料が医師の作成する「後遺障害診断書」になりますが、最終的な決定は医師ではなく、保険会社が行います。

逆に主治医に「後遺障害とは認められない」と言われても、

保険会社が後遺障害として認めてくれる場合もありますので、決して、諦める必要はありません。

 

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報Facebook
  • 採用情報

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談