HOME未分類 > 仮放免制度

仮放免制度

仮放免制度とは、収容令書または退去強制令書によって収容されている方について、
請求や職権で、一時的に収容を停止し、身柄の拘束を仮に解く措置のことをいいます。
 

仮放免の許否は個別の事案ごとに事情を総合的に勘案して判断されます。
以下のような点を、許否判断材料としているようです。
 
○被収容者の容疑事実又は退去強制事由
○仮放免請求の理由及びその証拠
○被収容者の性格,年齢,資産,素行,健康状態
○被収容者の家族状況
○被収容者の収容期間
○身元保証人となるべき者の年齢,職業,収入,資産,素行,被収容者との関係及び引受け熱意
○逃亡し,又は仮放免に付す条件に違反するおそれの有無
○日本国の利益又は公安に及ぼす影響
○人身取引等の被害の有無
○その他特別の事情

仮放免が許可されると、「仮放免許可書」が交付されます。
 

仮放免中は活動内容に制限があります。 具体的には住居の指定、行動範囲、出頭の義務、仮放免の期間のほか、仮放免許可を受ける方の事情に応じた条件が付されます。 下記書面で、条件は指定されます。

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報Facebook
  • 採用情報

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談