HOME未分類 > むち打ちによる逸失利益

むち打ちによる逸失利益

逸失利益とは

交通事故における逸失利益とは、
「本来得られるはずだったが、交通事故によって得られなくなった利益」を指します。
 
具体的には、仕事で勤めている人が交通事故によって入院してしまった場合、
「その人が事故に遭わなければ、勤め続けて得られた利益」等が挙げられます。

むち打ちによる逸失利益

後遺症障害認定

交通事故によってむち打ちとなってしまった場合、その度合いに応じて労働能力が喪失したと考えられており、

後遺障害の等級に応じて、労働能力喪失率が定められています。
 
逸失利益の具体的な計算方法としては、
 
(年収)×(労働力喪失率)×(ライプニッツ係数)
 
で算出されます。
 
労働力喪失率に関しては、
14級であれば5%、12級であれば14%とされています。
 
ライプニッツ係数とは、簡単に言うと、
逸失利益として、将来に貰えるはずの利益を前倒しでもらえるのだから、
 前倒しで貰える分だけ、利息を差し引くべきである」という考えに基づく、その差し引き率です。
 
なお、後遺障害の中でも、むち打ちの場合は、事故以降はずっと労働力を喪失した、という考え方をあまりせず、おおむね14級の場合で5年以内12級の場合でも10年以内程度が労働力を喪失した期間とされています。
 
このライプニッツ係数は計算が複雑なため、
損害保険料率算出機構や国土交通省HPの早見表が使うのが一般的です。
 
ライプニッツ係数早見表(損害保険料率算出機構HP)

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報Facebook
  • 採用情報

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談