HOME専門サービスこどもみらい住宅支援事業 > リフォーム住宅の申請
こどもみらい住宅支援事業

リフォーム住宅の申請

こどもみらい住宅支援事業のリフォーム申請について

購入した中古住宅をリフォームした場合、必須の対象工事を行えば補助を受けることができます。
対象は、法人を含む全世帯で、所有・居住要件はありません。
例えば、マンションを一部屋購入した場合に、リフォームして賃貸として貸し出す場合も補助対象となります。

工事契約 令和3年11月26日~令和5年3月31日
対象となる工事 事業者登録後に着工し、令和5年3月31日までに工事が完成するもの
※工事請負契約後に行われる工事であること
申請対象 全世帯(法人含む) 所有・居住要件なし。

リフォーム申請の補助額

子育て世帯
若者夫婦世帯
既存住宅を購入してリフォーム 上限60万円/戸
上記以外 上限45万円/戸
その他の世帯 安心R住宅を購入してリフォーム 上限45万円/戸
上記以外 上限30万円/戸

※1戸あたりの上限補助額が30万円超となる場合は、発注者が自ら居住する住宅が対象
 

対象のリフォーム工事

こどもみらい住宅支援事業のリフォームは、必須の工事と任意の工事があります。補助対象のメインである断熱等の省エネ改修の他、キッチンセットや換気機能付きのエアコンの設置など、家事や家電のリフォームが出来るのが大きな特徴です。

概要 詳細
いずれか必須  ①開口部の断熱改修 ガラス交換、内窓設置・外窓交換、ドア交換
 ②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
 ③エコ住宅設備の設置 太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓
任意  ④子育て対応改修 家事軽減・防犯性向上・生活騒音への配慮・キッチン対面化
 ⑤耐震改修
 ⑥バリアフリー改修
 ⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
 ⑧リフォーム瑕疵保険等への加入

1.【必須】開口部の断熱改修

ガラス交換 = ガラスの大きさ・施工枚数により補助金を交付
窓の断熱改修= 窓の大きさ・施工箇所数により補助金を交付
ドア交換  = ドアの大きさ・施工箇所数により補助金を交付

大きさ区分 ガラス交換 内窓設置・内窓交換・外窓交換 ドア交換
面積 1枚あたり
の補助額
面積 1箇所あたり
の補助額
面積 1箇所あたり
の補助額
1.4㎡以上 8,000円 2.8㎡以上 21,000 開戸:1.8㎡以上
引戸:3.0㎡以上
32,000円
0.8㎡以上
1.4㎡未満
6,000円 1.6㎡以上
2.8㎡未満
16,000円
0.1㎡以上
0.8㎡未満
2,000円 0.2㎡以上
1.6㎡未満
14,000円 開戸:1.0㎡以上 1.8㎡未満
引戸:1.0㎡以上 3.0㎡未満
28,000円

2.【必須】外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

最低使用量以上の断熱材を使用する改修について、施工部位ごとに補助額を交付されます。

施工部位 最低使用量以上の場合 部分断熱の場合
外壁 102,000円/戸 51,000円/戸
屋根・天井 36,000円/戸 18,000円/戸
61,000円/戸 30,000円/戸

※参考
断熱材の1戸当たりの最低使用量(一戸建ての住宅)  ( )は部分断熱の場合

断熱材の区分 断熱材最低資料量(㎡)
外壁 屋根・天井
A-1,A-2,B,C 6.0(3.0) 6.0(3.0) 6.0(3.0)
D,E,F 4.0(2.0) 3.5(1.8) 2.0(1.0)

3.【必須】エコ住宅設備の設置

太陽熱利用システム、高断熱浴槽、高効率給湯器の場合は、設置台数によらず設備の種類に応じて、補助対象となります。節水型トイレ、節湯水栓については、1台あたりの補助金額×設置台数の合計額が対象となります。

エコ住宅設備の種類 補助額
太陽熱利用システム 24,000円/戸
高断熱浴槽 24,000円/戸
高効率給湯器 24,000円/戸
節湯水栓 5,000円/台
節水型トイレ 掃除しやすい機能を有するもの 19,000円/台
上記以外 17,000円/台

4.子育て対応改修

(ⅲ)生活騒音への配慮に資する開口部の改修

開口部の大きさの区分及び改修方法に応じて定める補助額に、施工箇所数を乗じて、補助額を算出します。


大きさ区分 ガラス交換 内窓設置・内窓交換・外窓交換 ドア交換
面積 1枚あたり
の補助額
面積 1箇所あたり
の補助額
面積 1箇所あたり
の補助額
1.4㎡以上 8,000円 2.8㎡以上 21,000 開戸:1.8㎡以上
引戸:3.0㎡以上
32,000円
0.8㎡以上
1.4㎡未満
6,000円 1.6㎡以上
2.8㎡未満
16,000円
0.1㎡以上
0.8㎡未満
2,000円 0.2㎡以上
1.6㎡未満
14,000円 開戸:1.0㎡以上 1.8㎡未満
引戸:1.0㎡以上 3.0㎡未満
28,000円
(ⅳ)キッチンセットの交換を伴う対面化改修

基準を満たすキッチンセットに交換する対面化改修工事に対して補助対象となります。ただし、こちらの項目が対象になる場合、(i)の「掃除しやすいレンジフード」又は「ビルトイン自動調理対応コンロ」とは重複して補助を受けることはできません。


対象のキッチンとは…
下記のうち少なくとも2つ以上の設備をに、正対して立った位置から、リビングまたはダイニングの半分以上を見渡すことができること。
 ①キッチン用シンク(給排水設備と接続されていること)
 ②調理台
 ③コンロ(IHクッキングヒーター含む)
 ④調理室用の換気設備があるキッチンを交換

5.耐震改修

対象となる耐震改修工に対して、150,000円/戸

6.バリアフリー改修

対象工事の種類 補助額 工事内容
手すりの設置 5,000円/戸 工事を伴わない場合は対象外。
ネジ等で取り付ける簡易なものは対象。
段差解消 6,000円/戸 敷居を低くしたり、廊下の嵩上げや固定式のスロープの設置などを行う工事。(工事を伴わないものは対象外)
※勝手口など屋外に面する出入り口及び上がりかまち、浴室の出入口については、段差を小さくする工事は対象となります。
廊下幅等の拡張 28,000円/戸 介助用の車椅子で容易に移動するために通路や出入口の幅を拡張する工事
工事後の通路等の幅が概ね750mm以上になる工事
ただし、浴室の出入口は概ね600mm以上
ホームエレベーターの新設 150,000円/戸 戸建て住宅又は共同住宅の専有部分に新設する工事
(交換は対象外)
衝撃緩和畳の設置 17,000円/戸 衝撃緩和畳を新設又は入れ替えにより設置する工事
(4.5畳以上)

7.空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置

下記のいずれかに該当する試験機関等で効果が確認された空気清浄機能を有するエアコン、または換気機構を有するエアコンが対象。

・ 国、地方公共団体又は独立行政法人(以下、国等)が運営する試験機関等
・ 国等の認可等を受けた試験機関等
・ 法令又は条例に基づく試験等を国等から受託している 試験機関等

エアコンの冷房能力 補助額
3.6KW以上 24,000円/台
2.4kw以上~2.8kw以下 22,000円/台
2.2kw以下 18,000円/台

8.リフォーム瑕疵保険等への加入

対象となるリフォーム瑕疵保険又は大規模修繕工事瑕疵保険への加入に対して、1契約あたり、7,000円の補助対象となります。

交付申請及び完了報告について

申請はすべてオンラインで住宅販売事業者から行う必要があります。詳細は開示されていませんので、わかり次第追記します。

交付申請の必要書類

全申請で必要な書類

A.本補助金の利用について所有者等が同意する共同事業実施規約(指定の書式)
B.工事請負契約書の写し
C.工事発注者の本人確認書類
(個人:住民票の写し、運転免許証の写し等、法人:商業法人登記の写し等)
D.対象工事内容に応じた性能を証明する書類
E.工事着手したことがわかる写真(予約申請時のみ)

工事発注者が子育て世帯または若者夫婦世帯に該当する場合

F.(申請時点において)住宅取得者の本人確認および家族構成を確認する書類
  (住民票(世帯票)の写し等)

既存住宅購入を伴う場合
G.不動産売買契約書の写し
H.不動産登記の全部事項証明書
I.工事発注者の住民票の写し
【子育て世帯又は若者夫婦世帯以外の世帯で安心R住宅を購入した場合】
J.安心R住宅調査報告書の写し

予約申請の必要書類

①共同事業実施規約(リフォーム⽤) 記入・署名(or記名捺印)済分
購入者乙欄 → 共同事業者名(署名もしくは記名・捺印)
丙欄 → 対象となる方の氏名(子供・配偶者・若者夫婦)
※白紙用紙・見本はこちらからダウンロードできます。
https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/assets/docs/kodomomirai_youshiki_B.pdf
※原本は貴社にて保管してください。

②工事請負契約書(原契約)
※変更契約で該当工事を追加された場合はその契約書も送付してください。
注文書と注文請書のセットでも可 貴社と⼯事発注者の記名・押印があること
※収入印紙の割印も必要です。(もしくは後納スタンプ)
契約内容で以下の項⽬が確認できること 
リフォーム⼯事であること/⼯事代⾦/契約日

③発注者の本人確認書類
運転免許証/マイナンバーカード(表面)/住民票(発行後3ヶ月以内)/パスポート等 いずれか

④工事前写真
申請する設備全ての工事前写真

⑤着工したことが分かる写真
着工後が確認できる写真を1枚 
※申請する設備のいずれかで構いません

★工事後必要になります★
⑥対象⼯事内容に応じた性能を証明する書類
証明書の一覧とサンプルを添付していますので、該当する証明書類を送付してください。
受領していない場合はメーカー・販売店へ依頼してください。
※まだ製品登録がされていない製品について
グリーン住宅ポイントにて登録されている場合は、そちらを代用することが可能です。
(但し、開口部の代用は不可)

⑦工事後写真
申請する設備全て
※断熱は工事中のみ対象です。

【子育て世帯】もしくは【若者夫婦世帯】で申請する場合
工事発注者の本人と対象者の家族構成の確認ができる住民票(世帯票)
発行から3ヶ月以内
※弊社で申請時に3ヶ月以内であること
※住民票は③の提出分と同じであれば、代用可能です。
補助要件を満たす【既存住宅購入】に伴う工事の場合
不動産売買契約書(※カラーのみ)
不動産登記の全部事項証明書
購入した既存住宅に入居が確認できる住民票の写し
※住民票は③⑥で提出分と同じであれば、代用可能です。

リフォーム申請のご依頼について

こどもみらい住宅支援事業のリフォーム申請のお申込をされる場合は、以下のボタンより申込フォームへお進みください。
お問い合わせをされる方は、ページ下部の「お問い合わせフォーム」よりお願いします。

お問い合わせフォーム

  1. ※必須
  2. ※必須
  3. ※必須
  4. 申請対象
  5. お問い合わせ経路
  6. 利用規約及びプライバシーポリシーの内容に同意の上、
    送信ボタンをクリックしてください