HOME専門サービス継続支援サービス > 社員の頑張りが成果に繋がる職務分掌表の導入支援
継続支援サービス

社員の頑張りが成果に繋がる職務分掌表の導入支援

それぞれの社員は、「今自分は何に注力すべきなのか」を正確に理解せずに、
毎日頑張っています。

その頑張りは、間違った方向であれば、結果に繋がらず、
好循環が生まれないだけでなく、モチベーションの低下にも繋がります。

経営陣は、「あなたの役割はこれで、こちらの方向に頑張ってください」
と示すことが組織を動かすうえで大切です。

会社全体の方向を指し示すビジョンも必要ですが、
同時に各社員が、そのなかで、自分がどういう役割を果たすのか認識することはもっと大切になります。

自社に合った職務分掌表づくりを支援します。
大げさなものではなく、運用しやすいように必要最小限でスタートするのがポイントです。

職務分掌表は、一旦作ったら、そのまま置いておくものではなく、
1週間に1回以上は変更し、社員が毎日確認できるようにしないといけません。

各自がやるべきことが分かれば、自ずと結果を繋がりやすくなります。

 


各社員が自分の能力を十分に発揮できる組織を一緒に作りましょう。