HOME専門サービス継続支援サービス > EPAに係る原産地証明サポートプラン
継続支援サービス

EPAに係る原産地証明サポートプラン

①輸出品の原産地規則の確認

 輸出品の原産地規則を確認し、どのルールが適用されるのか調査します。

②EPA税率の有無

 国及び製品がそもそもEPA税率が適用されているのかを確認します。

③判定依頼/発給申請情報変更に伴う手続きの確認

判定依頼/発給申請後に変更が生じた場合、必要な手続きの有無、

手続き内容等、個別ケースに応じて確認します。

④法改正等の情報提供

 原産地規則変更など、特定原産地証明手続きに関する最新情報を案内します。

⑤新たな国への輸出に際してのEPA活用に関するコンサルティング

どのような輸出(製品や国)をお考えかヒアリングの上、

EPA特定原産地証明の有無も含めどの許可が必要かアドバイスします。

⑥レクチャー(日本商工会議所への企業登録方法、特定原産地証明の概要説明)

日本商工会議所への企業登録方法、特定原産地証明の概要説明等、
原産地証明を取得するに当たり、初期段階で理解すべき点をレクチャーします

⑦レクチャー(該当する原産地規則についての説明)

どんなルールが有り、どのような条件を満たせば
判定依頼できるのかレクチャーします 

⑧レクチャー(オンラインにて判定依頼・発給申請の仕方)

 実際、自社で行われる際のシステムの使い方、

記載の仕方についてレクチャーします

⑨レクチャー(判定依頼に必要な書類作成の仕方)

 判定依頼に必要な対比表・計算ワークシート、

及びサプライヤー証明等の作成の仕方をレクチャーします。