アポスティーユ

公印確認

公印確認とアポスティーユ

公印確認,アポスティーユは,どちらも日本の官公署,自治体等が発行する公文書に対する外務省の証明のことです。

 

これは、外務省(国)が「この公文書は間違いなく本物です!」とその証明書に対してお墨付きの与えるようなものです。

 

外国での各種手続き(婚姻・離婚・出生,査証取得,会社設立,海外企業へ就職、海外支店に異動、不動産購入など)のために必要な証明となります。

 

例えば、日本の大学から海外の大学に入学する際、海外の大学から日本で取得した卒業証明書が必要と言われた場合に公印確認もしくはアポスティーユの取得が必要になります。

公印確認とは

公印確認は、日本にある外国の大使館・(総)領事館の領事による認証(=領事認証)を取得するために事前に必要となる外務省の証明のことで、公文書に直接押印が必要になります。

 

また、外務省で公印確認を受けた後は必ず日本にある外国の大使館・(総)領事館の領事認証を取得する必要があり、両方から認証を受けた後に提出国関係機関へ提出ができるという流れになります。

 

提出先機関の意向で日本外務省の公印確認証明ではなく,現地にある日本大使館や総領事館の証明が求められている場合があります。

 

外務省で公印確認証明を受けた書類は,現地日本大使館や総領事館で重ねて証明することはできないので,注意が必要です。

 

インターネット検索で、『公印確認 アポスティーユ 違い』と打つと多くのサイトがヒットします。

 

それだけ公印確認とアポスティーユの違いが分かりづらいと考えておられる方が多いということです。

 

次に、アポスティーユとは何かお話していきたいと思います。

お問い合わせはこちらから

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. オンライン面談希望
  4. ※必須
  5. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください