HOME採用情報・Q&A会社説明会(WEB) > インターン生からのインタビュー (美馬 信幸)
採用情報・Q&A

インターン生からのインタビュー (美馬 信幸)

インタビュアー(以下、イン):インターン生のNです。
サポート行政書士法人の魅力はなんでしょうか?

 

美馬:夢があることだと思います。 「中小企業の支援がしたい」という思いから入社し、現在ではさまざまな許認可の手続きやビザの手続きを行っています。幅広い業界の方と関わっていく中でやりがいは、 お客様が一歩踏み出す時の支援ができること。なにか新しい事業や、新しいことを始めるためのサポートができることは楽しいです。どうすれば出来るのかを会社全体で考えます。そのためか会社全体がポジティブな雰囲気に包まれていて働きやすい環境です。

イン:仕事に対しての思いは?
 
美馬:許認可を取るだけじゃないことです。
その先、何がしたいのか。何ができるのか。全体を見据えることを意識して業務を
行っています。お客様と面談をするときに気を付けていることは「お客様の話を聞
き出すこと」
何を目指しているのか。ゴールを明確にし、そこから逆算し最適なもの提案するよ
うにしています。
 
 
イン:コンサルティングに近いようなものを感じますね。
 
美馬:はい。ただ許認可を取るだけじゃなく、何がしたくて許認可を取るのか。
取った後になにをしなければならないのか。トータルでお客様をサポートすることを意識しています。
例えば、情報の管理が適切に出来ているかのチェックが入るのでその点もお客様に声掛けしていくようにしています。

 
イン:私と言えば?
 
美馬:「臨機応変」
今は幅広い業務をやっています。なんでも取りかかる精神を大切にしています。幅
広い業務に携わり幅広い業界を対応することで知識を広め、それを違う形で活かす
機会もまた生まれてくると感じています。

 
イン:今後の自分の活動の展望を教えてください。
 
美馬:今後は何か一つ専門的な知識を身に付け、スペシャリストとして活躍していきたいなと考えています。
それを武器として戦っていきたいと思います。
 
 
イン:転職のきっかけは?
 
美馬:就職活動中は中小企業の支援がしたいという思いから銀行関係の業界に絞り活動し
ていました。前職の銀行では全国転勤が2年ごとにある環境で、家の都合で厳しく
なり転職をしようと思いました。中小企業の支援の想いを他に実現する方法がない
か調べていくうちに行政書士に出会い勉強をして資格を取りました。その後インターンを
体験して入社を決めました。
 
 
イン:就職活動中の方へのアドバイスは?
 
美馬:業種を絞らない方がいいと思いましたね。自分が最初から絞ってやっていたので、
他を一切知らなかったこともあり、比べる要素も少なく苦労しました。
できるだけ業種や業界を絞らないで自分のやりたいこと、自分のできることが
どの形で出来るのかを探してみてください。
 
 
イン:明るい雰囲気で対応してくださりありがとうございました。お話しのとおり社内は明るい雰囲気でした。仕事に対する想いも皆さん、明るくて人の夢のお手伝いをしているような、想像するだけでワクワクすることができました。新しい事にもどんどん挑戦する社風も魅力的で、会社を社員で創っていく姿勢も魅力的に感じました。本日はありがとうございました。
採用情報の一覧はこちら