インターン生からのインタビュー(荻原 明日香)|東京・名古屋・大阪の行政書士法人│ビザ・帰化・許可はサポート行政書士法人へ
HOME採用情報・Q&A会社説明会(WEB) > インターン生からのインタビュー(荻原 明日香)
採用情報・Q&A

インターン生からのインタビュー(荻原 明日香)

インタビュアー(以下、イン):インターン生のBです。

荻原さんは普段どのような業務を行っているのですか?

 

荻原:専門分野としては帰化・ビザを担当しており、日本でなにか始めたい、そんな想いを持った人たちの夢のサポートなどを行っています。人の人生に密着できる仕事なのでやりがいがありますね。

また、会社の経営企画も担っており、社員がより働きやすい環境を提案できるか、より良い会社に向け社員のベクトルを同じ方向に向かうようサポートも行っています。

イン:幅広く業務に携わっているのですね。その中で特に気を付けていることは何ですか。

 

荻原:経営企画に関して気を付けていることは、可能性を限定しないこと。「オールスター」を目指す社風にもあるように、この会社をより良くする上で「自由な発想」が必要であると考えています。また社員の個性も活かしていくことが結局は会社にとっても良い影響をもたらすと思います。

 

イン:なるほど。社風が実際に社内に浸透しているのですね。では、顧客に向けてはどうですか。

 

荻原:お客様に対して、「パートナー意識」を持って接するよう心がけています。グローバルな会社を目指す企業としても、フラットでオープンな環境が非常に大切だと考えています。そのためにも出来るだけ、相手の立場を考え寄り添った提案を行えるよう心がけています。

 

イン:「共感コンサル」とはこのことなのですね。許認可といっても一筋縄でいかないこともあると思うのですが・・・。

 

荻原:はい、確かにありますね。実際に申請するまでにプロセスを要するお客様がいた場合、現状で何が課題でどういった改善が必要か、その先も考えた提案を行っています。そうすることで、継続的な良好関係を築くことにも繋がります。

 

イン:ただ提案するだけでなく、お客様の人生にもアプローチできる、行政書士のお仕事は深いですね。本日は、お忙しい中インタビューに応えて頂きありがとうございました。

採用情報の一覧はこちら