HOME採用情報・Q&A会社説明会(WEB) > 2015卒内定者紹介
採用情報・Q&A

2015卒内定者紹介

2015卒の内定者に、
<入社動機について><内定者インターンについて><就活生に一言!>を聞いてみました。
当社に興味がある就活生の皆さん、必見です!

李 博維(新宿オフィス 所属)

学校:国士舘大学大学院
学部・研究科:経営学研究科

趣味:allスポーツ、アウトドア、旅行、写真撮影、ビリヤード
特技:特技ではないですが、とにかく体を動かすのが好きです!!

「内定者の本音」を書いたブログもどうぞ

 

■就活で大変だったこと:サポート行政書士法人内定者紹介
修論の作成や予定の急変などで私の就職活動ほかの人より約1年間遅れて
修士2年生の11月にスタートしました。時間が足りない分最初は焦りました。
しかし、時間がないのを理由に「どこでもいいから決まればいいや」
という考えはありませんでした。

入社動機:
私は元々行政書士のことについて全く知りませんでした。
「留学生」「コンサル」というキーワードで検索していたら、
「サポート行政書士法人」のホームページに辿り着き、
そして最初に内容の多さにびっくりしました!

自分で色々調べた行政書士についてのイメージと全く異なるもので、
なんだか外資のベンチャーっぽいイメージがありました。
社員同士もみんなフラットな関係で人として魅力的でした。
そして何より、3日の短い選考インターンを経て、 自分が確実に成長していると実感しました。

内定者インターン中に楽しかった事:
サポート行政書士法人内定者紹介私が一番楽しいと思ったことは、最初から社員として対応してくれた事です!
インターン生だからといって、
コピーだけをしたりなどといったお手伝いをするのではなく、
大事な仕事の一部を「やって見て!」ってな感じで任されます
私は、本当に仕事をしているという楽しさを実感しました。

内定者インターン中に大変だった事:
大事な仕事の一部を任されるというのは、
楽しい半面本当に大変なことでもあります。
そして、毎日新しい知識を頭の中に入れなければなりません!

残業は評価されないので、濃厚な毎日を過ごしています!


就活生に一言:
焦らない!自分に合う仕事より自分がやりたい仕事を見つけましょう!
自分に合う仕事は難なくこなせると思います。しかし、飽きる!
やりたい仕事が自分に合わないとしても、挑戦がある楽しい毎日を過ごせると思います!

 

橘川 浩佳(新宿オフィス 所属)

学校:青山学院大学
学部・研究科:総合文化政策学部

趣味:人の好きな事や物、趣味をとことん深く聞くこと・旅行
特技:強いて言うなら国境を越えて色々な方とすぐに打ち解けられること

「内定者の本音」を書いたブログもどうぞ

 

■就活で大変だったこと:サポート行政書士法人内定者紹介
就活を始めた頃は自分に正直になれずに完全にミスマッチな会社を選んでました。
周りが良いと思う会社は必ずしも自分にも合っているとは限りません。

いくら名前が知られていても、ワークライフバランスがない会社は私には合わない
という自覚を持つまでに時間がかかり過ぎました。


周りと同調するよりも自分に正直になって就活することが一番だと思います。

入社動機:
サポート行政書士法人内定者紹介就活に際して絶対に守りたかった3つの条件に唯一当てはまった会社だからです。

その条件とは、
・入社してすぐ英語を使える会社
・ワークライフバランスを心がけている会社
・社員同士が意見を言いやすい環境を持つ会社
です。

どの点も選考インターンを通して体験することができました。
それぞれの軸に当てはまることを確信した上で入社を決めました。

内定者インターン中に楽しかった事:
色々な業務を覚えることが出来たこと。
知識をつけていくに連れて他の社員との意見交換も多くなり、徐々にSGの一員として打ち解けられたこと。

最初は緊張してガチガチでしたが、
インターン中盤からは他の社員とも時には冗談を言いながら仕事もできたりして
働くこと自体を楽しく感じる
ことができました。

内定者インターン中に大変だった事:
自分に未熟な点がありすぎたこと。
学生時代では気付くことができなかったことが仕事を通じて実感することができ、自分に落胆しました。

例えば"報告・連絡・相談"ができてないとか、タイムマネジメントが全然出来てないとか、
英語で上手く、尚且つプロフェッショナルに意見を伝えることが苦手など、
数え切れないほど自分の直さなければいけない点が見つかりました。

成長するための気づきだと前向きに捉えることも出来ますが、
インターン中は自分に対する失望とショックで辛かったです…
 

就活生に一言:
仕事内容だけではなく、自分の性格と働き方にも気をつけて
自分に一番合った会社を選んでください!
就活は人生の中の一瞬の出来事にすぎませんが、仕事は人生の半分を占めます。
周囲に流されるのではなく、
自分が一番"楽しく"働くことが出来る環境を探すことも大事だと思います。
自分に正直になって会社を選ぶことが、卒業後の社会人生活に大きな影響を与えると思います。

 

見取 秀祐(名古屋オフィス 所属)

学校:名古屋商科大学
学部・研究科:経営学部・経営学科

趣味:読書・ ロードバイク『この間京都まで行ってきました!』
特技:電卓早打ち

「内定者の本音」を書いたブログもどうぞ

 

■就活で大変だったこと:サポート行政書士法人内定者紹介
自己PR作りと面接練習です。
自分はいったいどんな人間か、何を大切にして生きているのか等、
自分の価値観を洗い出し、
それを面接で話せるようにアウトプットしていく作業が一番苦労しました。

入社動機:
私の就職活動の際の軸は複数あり、中でも特に重視していたことが2つありました。

サポート行政書士法人内定者紹介 1つ目が「自分にしかできないような武器を身に付けられる会社」
2つ目に「中小企業支援ができる会社」です。

特に重視していたのは、1のほうで、
IT系の企業や、商社などを見ていました。

そんな中で、逆求人という就活イベントで鈴木さんのお話を聞く機会がありました。
行政書士という仕事は、当時まったく考えていませんでしたが、
一般の方から法人まで、様々なお客様のサポートができる。
自分にしかできない武器も身に付けられる
と知り、
そこからはサポート行政書士法人しか見えなくなって、一気に入社を決めました。

内定者インターン中に楽しかった事:
答えになっているかはわかりませんが、「新しい知識を得られること」です。
この仕事は、行政書士だからこそできることや、知ることができる情報がたくさんあります。
そんな未開の地(新しい情報)へ足を踏み入れた時、私はワクワクして仕事が楽しくなります

内定者インターン中に大変だった事:
私はもともと経営学部で、法学部出身の方と比べると、
当然その知識量は比べ物にならないくらい低いです。
インターンをスタートした当初は、ビザ、帰化、入札などに使用される専門用語や
必要書類の揃え方などを覚えるのにとても苦労しました。
 

就活生に一言:
私からの一言は「自分らしい生き方を!」です。
就職活動で自己PRはこう書いたほうがいいとか、
この会社は将来も安定するからココに就職しなさいとか、
いろんなアドバイスを受けると思います。
しかし、そのアドバイスを聞いている自分自身は納得できていますか?

自分自身が納得してない状態や、自分に嘘をついた状態で決めたことは、
企業にとっても自分自身にとってもミスマッチを起こす原因になるだけです。
自分自身のために就職活動をするんです。自分がやりたいようにやりたいことをしましょう!

 

岳 莉莎(大阪オフィス 所属)

学校:龍谷大学
学部・研究科:法学部・法律学科

趣味:小説と箏
特技:箏が特技と言えるかな

「内定者の本音」を書いたブログもどうぞ

 

■就活で大変だったこと:サポート行政書士法人内定者紹介
私は方向音痴で、すぐに迷子になります。
会社の説明会に参加する際、会場を捜すのがとても大変でした!

入社動機:
1:サポート行政書士の経営理念に
「すべての人が個性をいかして輝くオールスター社会を創ること」とあって、
その言葉にビビビっと来ました!

2.事業内容に大変興味がありました。
許認可やビザ関係などの仕事をすると、クライアントの喜ぶ顔が見られるので、
その過程でとても達成感を感じられると思いました。

内定者インターン中に楽しかった事:サポート行政書士法人内定者紹介
本当に成長したと感じた瞬間がとてもすばらしかったです!
そして、オフィスの一員になって、自分の力使って
価値がある仕事が出来ると感じた瞬間はとても楽しいです!

内定者インターン中に大変だった事:
先輩と十分なコミュニケーションを取れなくて、
迷惑をかけてしまったときは悔しかったです。

あとは時間の管理をするのが難しかったです。
 

就活生に一言:
自分を信じて、やりたい仕事を目指すことですね。
たとえ自分がやりたい仕事だったとしても、実際にやれば難しいと思います。
真剣に自分の未来を考えて、職場で精彩を放ちましょう。

 

採用情報の一覧はこちら