HOME > 行政書士厳選! おすすめ補助金情報

行政書士厳選! おすすめ補助金情報

東京・名古屋・大阪に4オフィスを構えるサポート行政書士法人がオススメする住宅系補助金を紹介します。 これから申請可能な補助金をリアルタイムに更新していますので、詳細をご確認ください。

補助金一覧

こどもみらい住宅支援事業

新築注文住宅の新築、 新築分譲住宅の購入、リフォームに対する補助制度が始まります。新築は子育て世帯・若者夫婦世帯に限定されますが、リフォームは個人・法人ともに申請可能です。


申請期間 3月下旬~9月30日(予定)
二次公募期間 8月2日(月)~10月29日(金)
対象 注文住宅の新築、 新築分譲住宅の購入、リフォーム
新築要件・
リフォーム加算要件
子育て世帯(2003年4月2日以降出生の子がいる)
若者夫婦世帯1981年4月2日以降出生)
対象リフォーム 開口部の断熱改修、外壁、屋根・天井又は床の断熱改修、エコ住宅設備の設置のいずれか
補助額


補助対象経費の1/2以下
新築:60万円~100万円
リフォーム:5万円~60万円

CEV補助金

電気自動車などのクリーンエネルギー自動車(CEV)を購入すると国から補助金が交付されます。車両、V2H充放電設備、外部給電器を購入することで、補助を受けることができます。
現在、V2Hの導入は個人・法人共に対象ですが、新しい補助金は法人のみが対象となります。補助額は車種によってことなりますが、例えば、電気自動車のみ購入する場合は最大40万円の補助が受けられます。


申請期限 対象
同時購入 9月30日(木)
最大12月28日(火)まで延長
個人・法人
車両のみ 3月1日(火) 個人・法人
外部給電器 1月31日(月) 法人
V2H充放電設備 10月29日(金) 法人

東京都の補助金

東京都では、省エネ・再エネに関する補助金が充実しています。エコな機器の導入(設置)を行うことで受けられる補助金が多数あります。令和4年度は「災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業」などが予算案に含まれています。詳細は、こちらの公式サイトからご検索ください。

対象 補助上限額 補助率
令和3年度自家消費プラン事業 蓄電池 42万円 1/2
災害にも強く健康にも資する断熱
・太陽光住宅普及拡大事業

高断熱窓 100万円/戸 1/3
ドア 16万円/戸 1/3
V2H 50万円/戸 1/2

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認