HOME > 大阪での永住ビザ

大阪での永住ビザ


『日本の永住ビザを申請する為にはどんな書類が必要ですか?』

『日本人と結婚しましたが、私の場合いつから申請ができますか?

『仕事で頻繁に出入国を繰り返していますが、審査に影響はありますか
 ?』

永住ビザ申請 大阪

永住ビザについて上記のような内容でお困りの方は

サポート行政書士法人 大阪オフィスまでご相談ください!
 
当行政書士法人は大阪からスタートし、
全国5ヶ所(東京・横浜・名古屋・大阪)にオフィスを構えてきました。
 
大阪入国管理局での豊富な申請実績・全国のオフィスで対応した難案件のノウハウを生かしてサポートします。
 
どんなことでもぜひ私たちにご相談ください!
心をこめてしっかりと対応致します!

大阪での永住ビザ 最新情報

 <大阪入国管理局 永住ビザの最近の審査期間>
 6~8ヶ月程度
 

 <大阪入国管理局 永住ビザの注意事項>

・永住ビザ申請中に、現在お手持ちのビザの在留期限が来る場合は更新申請が必要になります。

(申請には、おおよそ6~8ヶ月かかります)

・申請には依頼者様の3年分の納税証明が必要です。

非課税の場合、本国に扶養家族の方がいらっしゃると、その立証を適切に行う事が重要です。

 

 

当社へ永住ビザの申請を依頼するメリット

1.スピード対応で1日でも早く申請できるよう準備いたします。

サポート行政書士法人 大阪オフィスはスピード対応を得意としております。ご依頼者様が永住ビザを取得できるよう迅速に申請の準備を行っていきます。

 

 2.相談は何度でも無料です。

サポート行政書士法人 大阪オフィスでは、ご相談は無料で受けていただくことができます。「ビザ申請が許可してもらえそうか」「必要な資料は」などお気軽にご相談ください。 
営業時間外でも事前にご予約いただければ、夜間や土日祝の相談も可能です。
3.書類準備のサポートも万全です。
 
ビザ申請にあたっては申請者ご自身の状況に合わせた適切な理由書を作成することがポイントです。
中国語・英語・韓国語での対応も可能ですので、日本語が得意でないかたでも安心してご相談下さい。
理由書の作成のみのご依頼も承っております。
 

永住ビザ申請 大阪

配偶者ビザから永住ビザへ変更する時の理由書

永住ビザ申請 大阪

就労ビザから永住ビザへ変更する時の理由書

永住ビザ申請,永住ビザ,永住,大阪

4.英語・中国語・韓国語に対応できます。

面談時に中国語、韓国語の通訳スタッフの同席も可能です。
また、英語・中国語・韓国語の必要書類の翻訳も無料で行っております。
まずはお電話かメールにてご相談ください。
 

5.不許可となった場合には、報酬はいただきません。

サポート行政書士法人 大阪オフィスでは、永住ビザ申請において自信をもっており、ご依頼者様には安心の成功報酬制となっています。
申請の許可が下り次第報酬をお支払いいただくので安心してご依頼いただけます。

大阪オフィスでの永住ビザご依頼の流れ

 ①まずはお電話・メールでお問い合わせください。
ご相談は何度でも無料です。
まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
 
 
大阪オフィス
 
中文(SB)
English
한국어
06-6442-3915
 
080-4820-8395
070-5669-2846
070-5629-1487
 ②無料相談・お見積り後、お申込みして頂きます。

 一度オフィスにご来社いただき、現在の状況を確認した上で、申請方針をご説明いたします。

中国語、英語は通訳スタッフの同席も可能です) 
営業時間外でも事前にご予約いただければ、夜間や土日の相談も可能です。
 
面談では現在のご依頼者様の状況やご希望の点などを詳しくお聞きし、適正な価格で見積りを提示いたします。
見積りで提示した金額やサービス内容に納得いただけましたら、ご依頼いただきます。
 ③当社にて書類の収集・作成を行います。

必要書類は当社で収集・作成いたします。

一部、ご依頼者様にしか取得できない書類が必要になる場合は、書類の取得方法等をアドバイスさせていただきます。
「指定された書類が具体的にどのようなものか分からない」という場合は、見本書類の作成もいたします。
 
なお、中国語・韓国語・英語の書類の翻訳も無料で行っています。
(翻訳が特別多量10枚以上になる場合は、個別にいただくケースがあります)
 ④申請を代行いたします。

当社の行政書士が、大阪の入国管理局で、ご依頼者様に代わって直接申請を行います。

そのため、ご依頼者様は大阪の入国管理局へ出向く必要はありません。
追加書類指示が入った場合も、当社が対応します。
 ⑤大阪の入国管理局からの通知を受け取ります
審査の結果、問題が無ければ証印手続きのための通知が、大阪の入国管理局から当社へ届きます。
また、万一不許可になった場合も、ご依頼者様の要望に応じて、再申請を行います。
 ⑥必要書類の授受、新しい在留カードの発行手続きをいたします

新しい在留カードの発行手続きで必要な書類等(パスポート、在留カード、入国管理局に支払う手数料など)をご依頼者に案内します。

書類が揃い次第、当社の行政書士がご依頼者様に代わって、入国管理局にて証印手続を行います。
書類の受け渡しは郵送等でのやり取りが可能ですので、ご来社いただく必要はありません。
 
 ⑦パスポート、在留カードをご返却いたします。

 報酬の精算後、パスポート・在留カードをご依頼者様にお返しいたします。

 

よくある質問

永住ビザと帰化の違いは何ですか?

永住ビザは国籍がそのままですが、日本人と同等な活動ができるようになります。 (原則として活動内容の制限がなくなります) 帰化の場合、国籍が日本になり日本人として活動できるようになります。

銀行預金の残高証明書は通常、いくら以上じゃないといけないですか?

 永住ビザ申請では日本での生活基盤の安定性を確認するために就業、納税、資産の証明書類

を求められていますが、これら証明書類の総合判断で安定性を確認します。
ですから、預金残高の額には決まりはなく、金額が少ないから不許可というわけではありません。
就業や納税の証明書で日本での経済的基盤はあると証明されますが、
資産の証明は経済的基盤の安定性をよりアピールできるものとお考えになっていいでしょう。

【高度人材ビザから永住ビザ】

【就労ビザから永住ビザ】
【経営管理ビザから永住ビザ】

大阪オフィスへのアクセス

 

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせください(相談無料、見積り無料)

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. office
  4. ※必須
  5. 弊社を知った経緯をお選びください(複数回答可)
  6. 問合せ経路
  7. 利用規約及びプライバシーポリシーの内容に同意の上、
    送信ボタンをクリックしてください
  8. Captcha
 

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認