HOME最新トピックス > 時短協力金の対象の飲食店だが、一時支援金はもらえるのか?
最新トピックス

2021年5月7日

時短協力金の対象の飲食店だが、一時支援金はもらえるのか?

2021年3月8日より「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金(通称:一時支援金)」

の申請受付がスタートしました!

 
弊社は登録確認機関の為、多くの事業者様から問い合わせをたくさん頂いております。
今回は事業者様からのよくある問い合わせを紹介致します。

時短協力金の対象の飲食店の場合、一時支援金は対象になるのか?

Q: 時短協力金の対象の飲食店だが、時短協力金を受けていません。

一時支援金の給付を受けられますか?

 

A: 時短協力金の対象の飲食店であれば、一時支援金は対象外になります。

しかし、昼のみ営業している飲食店等 時短協力金の対象外であれば、一時支援金の対象*になります。

 

時短協力金の対象の飲食店と直接的・間接的に取引のある事業者様は

所在地、業種を問わず一時支援金の対象*になります。

*売上減少要件を満たす必要があります。

 
一時支援金の申請締め切りは5/31です。ご検討の方は早めに問い合わせください。

一時支援金の対象外の場合は?

一時支援金の対象外が、何か他の補助金はもらえないかな。

と悩んでいるお客様、弊社は他の事業系補助金のサポートもしています。
 

小規模事業者持続化補助金 補助金額は最大100万円迄!

 

事業再構築補助金 補助金額は最大1億円迄!

弊社に依頼するメリット

① 弊社は業界最大規模の行政書士法人であり、登録確認機関のため、フルサポートが可能。

② 事業者様を支援するため、報酬は後払い制、支援金を受給できなかった場合は報酬はいただきません!

③ 新規のお客様も、遠隔地のお客様もZOOM等ビデオ会議を使用可能な方であれば、

所在地を問わずサポートをできます。

 

 弊社の一時支援金申請サポートの詳細はこちらからご確認ください!
問合せお待ちしております。

カテゴリ一覧はこちら

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認