HOME最新トピックス薬局開設許可の最新トピックス > ドラッグストアで必要な許認可まとめ
最新トピックス

2020年6月4日

ドラッグストアで必要な許認可まとめ

こんにちは。秋葉原の熊野です。

 

今回は、ドラッグストアを新規開設する際に
必要な許可をまとめましたので、紹介します。

必ず取得が必要

 店舗販売業許可

 ドラッグストアを開設するためには、店舗販売業許可が必要になります。

提出先は店舗のある管轄の保健所です。

 

主な要件としては

①薬剤師又は登録販売者の管理者を置くこと

②構造設備要件を満たすことです。

 

①の管理者については、登録販売者の場合、過去5年以内に

通算2年以上の実務経験がないと管理者になれません。

令和2年4月1日より、平成26年度以前の試験合格者についても、

同様の実務経験が必要になりましたので、注意が必要です。

 

②の店舗販売業許可の要件については、こちらを参照ください。

工事の前に管轄の保健所へ事前相談が必要になります。

 

販売する商品に応じて取得が必要な許可

缶ビールやチューハイなどお酒を販売したい場合

 一般酒類小売業免許

すべての品目を店舗で販売するのに必要な免許です。

申請先は店舗のある管轄の税務署です。

 

決算要件があり、直近3年分の決算がみられるので注意が必要です。

また、店舗の契約書を提出し、物件の所有者から申請者まで、

使用権限があることを証明する必要があります。

たばこを販売したい場合

 たばこ小売販売業

提出先は店舗のある管轄のJTで、財務(支)局による審査になります。

距離の要件があるため、店舗と最寄りのたばこ販売店との距離を確認する必要があります。

 

 

包装済みの食品を販売したい場合

食料品等販売業(包装)

施設基準等の要件は以下を参照

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/kyoka/files/2019housousyokuhinn.pdf

 

 

牛乳、チーズ、バター等の乳製品を販売したい場合

乳類販売業(包装)

施設基準等の要件は以下を参照

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/kyoka/files/2019housousyokuhinn.pdf

 

 

パック済みの食肉等を販売したい場合

食肉販売業(包装)

施設基準等の要件は以下を参照

パック済みの魚介類を販売したい場合

魚介類販売業(包装)

施設基準等の要件は以下を参照

お米を販売したい場合

20精米トン以上を販売する場合は、米穀の出荷又は販売の事業の開始届出書

※必要な手続きの概要は以下を参照

サポート行政書士法人へお任せください!

販売する商品に応じて必要な許可が異なりますので、

ご不明点・ご不安点などがありましたら、お気軽にお問合せください。

ご相談は無料で承っております。
 
どうぞご気軽にお問い合わせください!
喜んで御社をサポートさせていただきます!