HOME最新トピックス特定技能ビザの最新トピックス > 登録支援機関について
最新トピックス

2019年9月24日

登録支援機関について

こんにちは!新宿本社の近藤です。

 

特定技能ビザで働く外国人材を雇用する場合、

外国人を雇用する企業(特定技能所属機関)または「登録支援機関」が特定技能外国人の 職場上・日常生活上・社会上の支援をしなければいけません。

 

例えば、

出入国の際の送迎、銀行口座の開設、住まい探しの支援、生活オリエンテーションなどです。

また、外国人従業員との面談やオリエンテーションについては、その外国人が十分に理解できる言語で行うことが求められます。

 

これらの支援を、外国人を雇用する企業自身が実施することもできますが、

外国人支援の体制を整え、定期的な届出をすることは時間とコストがかかってしまう場合もあります。

 

そこで、これらの支援を「登録支援機関」へ委託し、

企業の代わりに特定技能外国人の支援計画の作成・実施を行ってもらうという方法があります。

 

弊社では、登録支援機関としての支援業務も対応しております。

また、登録支援機関の登録申請代行も行っております。

 

是非一度お問い合わせいただければと思います。