HOME最新トピックス特定技能ビザの最新トピックス > 宿泊分野の1号特定技能外国人が従事する業務は「宿泊施設におけるフロント、企画・広報、接客及びレストランサービス等の宿泊サービスの提供に係る業務」とされていますが、例えば、レストランサービスのみに従事させても問題ないですか?
最新トピックス

2021年6月29日

宿泊分野の1号特定技能外国人が従事する業務は「宿泊施設におけるフロント、企画・広報、接客及びレストランサービス等の宿泊サービスの提供に係る業務」とされていますが、例えば、レストランサービスのみに従事させても問題ないですか?

特定技能外国人が行う活動が入管法に規定される在留資格に該当するか否かは、

在留期間中の活動を全体として捉えて判断することとなります。

 

特定技能1号の活動は、

「相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する活動」であり、

宿泊分野において求められる技能は、フロント、企画・広報、接客及びレストランサービス等

の様々な業務に係る技能を試験で測るもの(宿泊分野運用要領第1の1.(1)参照)

であることに照らせば、基本的に、特定の一業務にのみ従事するのではなく、

上記業務に幅広く従事する活動を行っていただく必要があると考えられます。

 

----------------------------------------------------------------------

特定技能ビザのことなら専門のサポート行政書士法人へ

専門のコンサルタントがサポートいたします。全国対応いたします。

 

特定技能ビザのトップページへ

特定技能ビザのQ&Aのページへ

最新トピックス

一覧を見る

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認