最新トピックス

2017年2月6日

住宅取得者が死亡した場合

こんにちは。
名古屋オフィス すまい給付金担当の見取です。

すまい給付金には住宅取得者死亡に伴う特例措置というものがあるのをご存知でしょうか。
通常受けられるはずだった方が亡くなった場合でも、適用期間、承継人の有無などの条件を満たしていれば相続人が受けられるケースがあります。

住宅取得者が亡くなられた際でも、給付が受けられる可能性がありますので、
ぜひ一度弊社までお問い合わせください。

ZEH補助金 申請時の注意点

こんにちは。
名古屋オフィス ZEH補助金担当の見取です。

行政から出ている補助金はほとんど同じかと思いますが、
毎公募ごとの申請書の様式や公募要領が若干違っています。

特にZEH補助金は、申請書は必ずその公募の仕様になっており、
こちらで申請書の内容を書き換えたりできないようになっているので、
毎期ごとの申請をお考えのお客様はご注意ください。

2016年12月13日

ZEH補助金 補正予算の二次公募が始まりました!

こんにちは、ZEH担当の見取です。

平成28年度補正予算による経済産業省の補助事業
ネット・ゼロエネルギーハウス普及加速事業の二次公募が発表されました!

公募期間は平成28年12月12日~平成28年1月13日(金)までとなっており、
平成29年8月25日までに事業が完了する住宅が対象となります。

補助金額はネットゼロエネルギーハウス支援事業と同様の
125万円(北海道は150万円)で、公募条件もほぼ同様の内容となっています。

ZEH補助金を受けるには一定の要件を満たす必要があり、
その申請には必要な書類が多く、公募時期も非常にタイトなものです。
その点、弊社においては、大手ハウスメーカーなど数多くの実績があります。
注意点の把握や書類作成、お客様との押印書類のやりとりなどをはじめ、
補助金を確実・スピーディーに受け取ることができるよう専門データベースを導入して
申請時期ごとの期日管理も行っております。

是非、お気軽にご相談ください!

2016年10月25日

中古住宅について

こんにちは。すまい給付金担当です。

最近、入居から1年程経ってからすまい給付金の存在を知り、
お問い合わせをいただくことが増えています。

でも、ご注意ください!
謄本上で新築になった日から、工事請負等の契約が1年以上空いていると
中古住宅に該当します!

中古住宅と新築住宅では、必要な書類が変わってきます。

中古住宅の場合は、「中古住宅販売証明書」が必要になります。

中古住宅に該当する場合は、一度ご契約の不動産会社に「中古住宅販売証明書」が発行できるかお問い合わせ下さい。


2016年9月21日

期限について

こんにちは。
新宿オフィス、すまい給付金担当です。

最近、期限ギリギリになってしまわれる方、増えています。

すまい給付金には、給付を受けられる期限が決められています。

お引き渡しから1年3カ月が給付を受けられる期限です。
対象になるのに期限が来てしまったから給付を受けられない!!
なんて事ほど、もったいないことはありません。

日にちもぴったり1年3カ月ですので、今一度、期限をご確認下さい。