HOME最新トピックス住宅系補助金のトピックス > 富士通がHEMS開発に着手
最新トピックス

2013年7月10日

富士通がHEMS開発に着手

富士通がHEMSの開発に着手します。
どの程度の節電なら利用者が負担にならないのかを学習する機能を備え、
複数の家電を自動制御することが可能。

消費電力が無理なく1割程度減らせる見通しです。

環境省の実証事業の一環で、今年度中に首都圏などの30世帯にクラウド方式の
新システムを試験導入するそうです。

国内の電力使用量の3割は家庭での使用に使われています。
制御機能を活用することで家庭での省エネが進みますね。

このノウハウが、次世代省エネ住宅(スマートハウス)にも反映されると、
今後の住宅に関するエコ事業も、大きく変わってくると思います。