HOME最新トピックス住宅系補助金のトピックス > クールネット東京 どんどん補助金増えています。
最新トピックス

2013年8月2日

クールネット東京 どんどん補助金増えています。

東京都の家庭用蓄電池、燃料電池(エネファーム)等に対する補助金が、2013年6月28日から
受付開始しました。

今年度は、単体での申請はできず、HEMS(家庭のエネルギー管理システム)の導入が条件となります。
しかし、HEMS導入も補助金対象になりますので、負担は少なく、他の補助金ももらえるので、
一緒に導入するほうが、かなりお得になります。

助成条件
(1)助成対象機器を設置する住宅において、エネルギー管理システム(HEMSとして、一般社団法人環境共創イニシアチブに登録されたもの)の導入が条件。
(集合住宅に設置する場合は、クール・ネット東京までお問い合わせください。)

(2)助成対象機器の設置に係る領収書等の日付が、平成25年4月1日から平成30年3月31日までのものであること。(原則、機器設置後の申請となります。)

(3)都内の“住宅”において、新規に設置される機器であること。

(4)助成対象機器を設置する住宅において、原則、機器設置前1年間及び設置後2年間の電力消費に係る情報等について、東京都が求めた場合に提供すること。

申請期間
申請期間:平成25年6月28日(金)から平成28年3月31日(木)まで
 ただし、平成28年3月31日までに事前申請を行った場合においては、平成28年4月1日(金)から平成30年4月2日(月)までの期間に助成金の交付申請を行うことができます。

助成額(助成率)

助成対象機器 助成額(助成率) (参考:国補助)
蓄電池システム※1 機器費の1/6
(上限額:50万円)
※5
機器費の1/3 
(上限額100万円)
燃料電池・
コージェネレーション(エネファーム)
※2
又は、ガスエンジン・コージェネレーション※3
機器費の1/4
(上限額:22万5千円)
※5
燃料電池については
補助率 1/2
(上限額45万円)
ビークル・トゥ・ホームシステム※4 単体:10万円(定額)
電気自動車等同時導入:25万円(定額)
機器費の1/2

太陽光発電システム
上記の助成対象機器のいずれかの機器を設置すると同時に、太陽光発電システムを導入する場合は、発電出力1キロワット当たり2万円を助成します。(発電出力10kW未満のもの。上限額を19万9千円とします。)

国及び区市町村が実施する補助金がご利用いただける場合があります。

国等の補助金情報

国が行っている補助は、別途、手続きが必要になりますので、詳細は次にお問い合わせください。

弊社では、ハウスメーカー様から一括申請代行をお受けして、
期日管理・書類郵送等の煩雑な手続きを、スッキリとお任せいただいています。