HOME最新トピックス酒類販売トピックス > 申請先での違い
最新トピックス

2016年8月17日

申請先での違い

大阪の芳村です。 最近、お酒を輸出したい、輸入したい、というご相談・ご依頼が増えています。 新規事業で始められる方も多いです。 酒販免許の申請先は、管轄の税務署になります。 許認可においては、同じ許認可でも、申請する管轄で、審査において求められるものが異なることがあります。 酒類免許も例外ではありません。 弊社では、東京、名古屋、大阪の拠点を中心に、地域性を踏まえたサポートをしております。