HOME最新トピックス酒類販売トピックス > お酒のテイクアウト・デリバリーを行いたい飲食店の皆様へ
最新トピックス

2020年4月13日

お酒のテイクアウト・デリバリーを行いたい飲食店の皆様へ

 

 

こんにちは! 秋葉原支店の酒類担当の熊野です。

 

新型コロナウイルス感染症に関する対応策として、自らの飲食店等で提供しているお酒をテイクアウト・デリバリーで販売する場合、「期限付酒類小売業免許」の緩和を受けられることになりました。

 

具体的には

〇料飲店等が、新型コロナウイルス感染症に基因して、在庫酒類の持ち帰り用販売等により資金確保を図るものについて、迅速な手続で期限付酒類小売業免許を付与

〇令和2年6月30日(火)までの免許申請が必要。

〇免許の有効期限は、付与から6か月間。

〇自治体等から各種の要請等がある場合、これに従う必要あり。

 

ただし、今般の期限付酒類小売業免許を付与された飲食店等等でも、以下のような条件を満たす必要があります。

1.酒類の仕入れ、販売について帳簿に記帳する義務が課される他、販売数量の報告等を行う必要がある。※既存の取引先小売業者との取引が引き続き可能。

2.既存の在庫をはじめ既存の取引先からの仕入れの販売に限る。

3.料理に併せるなどして酒類を宅配することは可能だが、インターネット等を利用して、2都道府県以上の広範な地域の消費者等を対象として酒類を販売することは不可。(別途、通信販売酒類小売業免許を取得する必要あり。)

4.販売場ごとに、酒類販売管理者を選任する必要があり、酒類販売管理研修の受講が必要。

 

私たちサポート行政書士法人では、酒類販売業免許の取得をサポートしています。全国の税務署への申請実績があり、個々のニーズに合わせて免許が下りるようにサポートしてきたため、酒類販売業免許のハードルを可能な限り下げるお手伝いができるかと思います。

新型コロナウイルスの影響を受けてお困りの飲食業界の皆様、どうぞお気軽にご相談下さい。

ご相談は無料で承っております。

本サイトの上部、ビル画像の右下にある「お問い合わせ」をクリックして頂ければ、フォームよりお問い合わせいただけますので、どうぞご気軽に!

 

新型コロナウイルス感染症に関する対応等について

https://www.nta.go.jp/taxes/sake/kansensho/index.htm?fbclid=IwAR2qZEkvSZvNSMne4pWcxq-O299Vy-e8ZTNMgQmbIgHGKEDZsVu2CNFsT2g