HOME最新トピックス太陽光発電等(再エネ)の事業計画認定の最新トピックス > 【お知らせ】10kw未満太陽光発電設備の分割審査について
最新トピックス

2021年3月23日

【お知らせ】10kw未満太陽光発電設備の分割審査について

こんにちは。

太陽光事業計画認定担当です。

 

 

資源エネルギー庁から、10kw未満太陽光設備の審査厳格化について3/22に発表がありました。

2021年4月1日以降は10kw未満についても分割審査が行われるとのことです。

 

 

★分割審査とは

 

意図的に設備を分割し、区分を下げることにより要件を満たさず

認定を取得しようとすることが問題視され始まった審査のこと。

10kw以上50kw未満区分では、隣接設備の発電事業者や土地の地権者が同一の場合に

分割案件の疑いがあるとみなされます。

 

これまで10kw未満は分割審査は行われておりませんでしたが、

2020年度から10kw以上50kw未満の設備については地域活用要件が設けられ、

10kw未満についても地上設置に限り分割審査を行う方針が発表されました。

 

詳細がわかりましたらまたお知らせいたします。