HOME最新トピックス > 産廃収集運搬業の最新トピックス

最新トピックス

2021年2月4日

産廃収集運搬の車両についての疑問を解決!

こんにちは!

名古屋支店の押谷です。

 

 

産廃の収集運搬の許可を取得する際に、お客様から緑ナンバーの車両じゃなくても大丈夫?
という質問を受けることがあります。

 

緑ナンバーというのは、別名「営業ナンバー」とも呼ばれ、他人からお金をもらって、
他人の所有物を運ぶ為の車両のことです。

そして、運ぶものが人間以外のものの場合は、「一般貨物自動車運送事業」、

人間を運ぶ場合は、「旅客運送事業」の許可が必要となります。

 

産廃についても他人のゴミをお金をもらって継続的に運搬するものに該当する為、

緑ナンバーの方がいいような気もしますが、実際には産廃収集運搬の許可があれば、

白ナンバーでも大丈夫なのです。

 


また、車両を「リース」している場合もあると思うのですが、
その場合は車検証の使用者欄に申請者の名称が載っていれば、リース契約書等の提示は不要になります。

但し、レンタル(賃貸借)車両については、自治体によって対応が異なるようなので注意が必要です。

 


そして、ワンボックスカーやバンでも許可は取れます。

自治体ごとに全ての車両を登録する必要はありますが、トラックでなくても全然大丈夫です。

 


弊社では、こういった疑問点にお答えしながら、
しっかりと産廃収集運搬の許可取得をサポートしていきます。

 

新規で取得したいけど、どんな書面を用意したらいいのか不安な方は、ぜひ、弊社までご相談ください。

 

全国対応で、許可の新規取得をお手伝いさせて頂きます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

2020年12月17日

愛知県の産廃収集運搬業の許可申請について

こんにちは。

名古屋支店の押谷です。

 

先日、愛知県の産廃収集運搬業の許可取得の為に申請に行ってきました。

 

その中で、申請書類の変更点についてお伝えします。

 

今までは、欠格要件の該当性の判断に係る提出書類として
「登記されてないことの証明書」が必要とされていましたが、
愛知県においては「登記されてないことの証明書」に代わって
申立書(※愛知県独自の様式)の提出に変更されました。

 

「成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律」の施行に伴い、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」等が改正されることとなり、
改正後の「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令」
及び「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則」 が、令和元年12 月14 日から施行されたことによるものだそうです。

 

ただ、この改正は愛知県におけるもので、
他の自治体ではまだまだ 「登記されてないことの証明書」が必要となっていますので、
申請をお考えの業者様はぜひ弊社にご相談ください。

 

弊社にて各自治体ごとの申請書類をご案内させて頂きます。

 

まずはお気軽にお電話ください。

 

 

2019年11月22日

産廃収集運搬業の新規許可申請について

こんにちは!名古屋支店の押谷です。


当社では産廃の収集運搬の許可を取りたいんです、というお電話がよくあるのですが、
新規で産廃の収集運搬の許可と申請するとなると、直接自治体に申請書を持参する必要があります。


新規の場合は郵送では対応してもらえません。


まれに自治体によっては、先に書類を郵送してくださいという場所もあるのですが、
最終的には、行政に赴き、手数料の支払いをしなければいけません。

手引きも申請書のダウンロードも自治体ごとに対応する必要がありますし、
チェックの入るポイントも自治体ごとに少しづつ異なります。


他の自治体では指摘されなかったことが、こっちでは指摘されるの!
ということもしばしばあるため、自分で申請となると、
そのやり取りに大事なお時間を取られてしまいます。


当社にご依頼いただければ、自治体との煩雑なやりとりを全てこちらで対応させていただき、
許可取得に向けて、全力でサポートさせていただきます。


まずはお気軽にお電話ください!


2018年4月10日

自社の産業廃棄物の運搬について

 産業廃棄物の収集運搬を業として行うためには、産業廃棄物収集運搬業許可が必要なことは周知されていますが、

では、自社で排出した産業廃棄物を運搬する場合は、規制はないかと言いますと、あります。

業許可は不要ですが、自社の産業廃棄物を運搬する車両での産業廃棄物運搬車であることの表示義務、書類携帯義務等の規制があります。

自社で産業廃棄物を運搬する際は、何が必要か、ご確認下さい!

2016年9月28日

栃木県の更新申請に行ってきました!

 先日栃木県庁へ産業廃棄物収集運搬業の更新申請に行ってきました。

 

産廃の更新申請は他の新規の許可申請と同じくらいの資料が必要となるため、事前準備にしっかりと時間をかけて臨みました。

特に問題なく申請は完了したのですが、役員の証明書関係や講習会の修了証など、計画的に揃えておかないと直前でバタついてしまう恐れがあります。

 

更新なので気軽に、というよりは更新でもしっかりと、という心持ちでいることが大事だと感じました。

 

産廃収運に関するご相談はお気軽にどうぞ!

1 / 41234