HOME最新トピックス > 旅客運送業許可の最新トピックス

最新トピックス

2021年4月16日

客貨・貨客混載輸送の導入で活路を見出せるか?

  コロナ禍の外出自粛ムードによる人の移動の減少、顧客企業の営業自粛による物流需要の低下等、大きな痛手を追っている運送事業者は数多くおられます。需要低下による収益減に悩む事業者様には是非知っておいていただきたいのが、「客貨混載」「貨客混載」型の運送業への転換への可能性についてです。物流車両で旅客を運ぶ運送形態を客貨混載、旅客車両に貨物を積載する運送形態を貨客混載と呼びますが、このように同じ車両で「人」と「モノ」を同時に運ぶビジネスの可能性について、経済産業省・国土交通省が合同で推進しているプロジェクトがあります。

 

 経済産業省・国土交通省は2019年から「スマートモビリティチャレンジ事業」というプロジェクトを推進しています。このプロジェクトでは同じ車両で「人」と「モノ」を同時に運ぶビジネスの導入効果と成功のポイントを検証するため、全国50地域で実証実験が行われています。2020年に行われた実証実験の結果を元に、2021年にはより高度な実証実験の実施が予定されています。


 過去の実証実験から「客貨混載」、「貨客混載」の導入により、低コストでのサービス拡充や、物流事業者側の負担軽減等の効果が得られるとの知見が得られた一方、下記のような課題もあります。


・通常2人乗りの貨物車両では、供給数の拡大が難しい。

・既存の交通事業者との利害調整が必要。

・旅客輸送優先で空き時間での貨物配達を行うため、1台の車両では限度がある。

・積載貨物のセキュリティの整備が必要。

「客貨混載」、「貨客混載」導入の際は必要な許認可の確認が必須

 貨物輸送や旅客輸送を有償で担う貨物運送事業、旅客運送事業はそれぞれ必要な許可が異なります。物流から旅客、旅客から物流とサービス拡大の可能性を探りながら、法的要件もしっかり確認し、必要な許認可を取得しましょう。

2020年4月28日

【4月21日自動車局発表】コロナのせいでタクシーが貨物を運ぶ?

 5月1日時点で900社のタクシー事業者が許可取得

 国土交通省自動車局は旅客車両を有効活用して、この状況化で増加する貨物配送の需要に対してタクシー事業者に対して期間限定で有償での貨物輸送を認める許可を特例的に認めることを発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえた タクシー事業者による有償貨物運送について 

 

 

 1.発表の経緯

 

 

今回の発表の経緯としては、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、タクシー業界と宅配業界の相互の連携を支援するものとして行われました。

1-1.タクシー事業者の苦境

 

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、人の輸送は需要が激減し、旅客輸送を担うタクシー事業者にとって大きな痛手となっています。

 

 1-2.デリバリーニーズに応える

 多くの飲食店で店内営業を自粛する一方、食料品のデリバリーによるニーズは増加しています。国交省では期間限定でタクシー事業者に食料品の有償で食料品の配送を担うサービスの提供を許可しています。

 

 許可期間

 タクシー有償貨物運送の特例を9月末まで延長 

  (令和2年5月8日国土交通省発表)  

 2.許可を受けるためには所管の運輸支局へ

 許可を受けるにあたっては運送しようとする区域を所管する運輸支局に申請を行う必要があります。


期間限定の許可なのでとにかくいち早く必要な書類を揃え申請書を提出する必要があります。
 

 2-1.必要書類

 以下の書類が必要です。

◯申請書
所定の様式に車両登録番号、運送する貨物の種類、運送する区域を記載し、提出します。

◯旅客輸送の需要減少を証する書類   
所定の様式に申請直前期の運送収入(又は輸送人員、走行距離)及び
前年同期における運送収入(又は輸送人員、走行距離)を記載し、提出します。
 
◯従業員の雇用継続を証する書類
所定の様式に需要減少が起きた月の月末時点の従業員数・運転者数を記載し、従業員の雇用に維持に努めることを宣誓する旨を記載し、提出します。
    
◯トラック事業者ではなくタクシー事業者に運送を依頼することとなった理由書    
-荷主または申請する事業者名義で理由書を作成し提出します。
 

 2-2.申請の流れ

 必要書類に必要事項を記入後、配送を行う地域を所管する運輸支局に申請書を提出します。申請後2日程度で許可の取得が可能です。

 3.まずはご相談を!

 特例許可の取得を検討されている事業者様はご相談ください。

弊社のスピード対応で最短で許可取得をサポート致します。