HOME最新トピックス旅行業登録最新トピックス > 旅行会社が富士山の構成資産で現地研修
最新トピックス

2013年7月16日

旅行会社が富士山の構成資産で現地研修

富士山の世界文化遺産登録を受け、静岡県の「県旅行業協会」が、県内の旅行会社社員約50人を対象に、構成資産の7か所を見学する研修会を行ないました。

 
構成資産の現地ツアーは、今後かなりの盛り上がりを見せると予想できます。
また、旅行会社は、ツアー参加者に日本の良さをアピールする役割を担っており、日本の観光事業にも大きな影響を与えています。
 
このような旅行業を始めるには、旅行業者として登録を受けておく必要があります。
 
旅行業の種類は、業務の範囲により異なり、主たる営業所の所在地により管轄も異なります。
 
当社の旅行業登録サポートは全国対応可能です。ご登録をお考えの方は、ぜひご相談ください!