HOME最新トピックスNPO法人設立の最新トピックス > NPO法人20分野活動解説⑥ 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
最新トピックス

2020年5月11日

NPO法人20分野活動解説⑥ 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動

サポート行政書士法人の水上です。

当社では、NPO法人を立上げ新規事業や活動を行おうとされる方のスタートアップから、設立後の運営支援、補助金獲得支援まで幅広く業務メニューを提供させていただいております。
こちらでは日々の業務に関連したトピックをリリースさせていただいています。

 第6回の今回は「学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動」の事例を紹介します。

 

その名の通り、芸術家への支援、地域楽団、伝統文化の振興、継承、スポーツ教室の活動が

主だったものになります。具体的な事例は以下です。

 

①野球・サッカーなどのスポーツ教室を経営する団体

②審判や指導者同士の活動を支援する団体

③音楽家、芸術家を育成する団体

④コンサートや映画祭などを実施する団体

 

個人的な団体でスタートされていた方が、大きめの場所を借りる際や

明瞭会計を図るために、設立されるケースが増えております。

サポート行政書士法人では、お客様の事情に合わせて相談、対応させていただいております。