最新トピックス

2013年3月25日

屋外広告業とは

本日は最近弊社への相談が増えてきた「屋外広告業」とは何かについて説明したいと思います。

 

「屋外広告業」とは、<屋外広告物の表示や掲出物件の設置に関する工事を請け負い、屋外で公衆に表示することを業として行う法人又は個人>をいいます。

工事は、「元請け」・「下請け」等の契約形態や立場を問わず、 実際に屋外で広告物の表示や設置を行う場合は、「屋外広告業」に該当します。

逆に、屋外広告物のデザイン、印刷、製作のみを行う印刷業者や、

屋外広告物の表示等の工事を請け負わない広告代理店などは、「屋外広告業」には該当しません。

「屋外広告業」を行う場合は、 その工事現場のある都道府県内/市区町村内に事務所や作業場などの事業所が存在するか否かを問わず、

 

工事現場がある都道府県や市区町村で、事前に登録を受けなければいけません。

 

 

屋外広告業が届出制から登録制に移行し、各都道府県レベルで登録制度が導入されたのは、平成17年以降がほとんどです。

 

屋外広告業登録の有効期間は5年間なので、

 

平成21年以降、屋外広告業登録制度が導入されてから初めての更新申請ラッシュが来ています。

 

 

更新期到来前でお悩みの方、弊社は相談無料でやっておりますので是非一度ご相談ください!