HOME最新トピックス重要事項説明書の最新トピックス > 特殊建築物の接道義務とは?
最新トピックス

2022年7月4日

特殊建築物の接道義務とは?

一般的な建築基準法第43条の接道義務として、

建築基準法上の道路に2m以上接道していれば建物を建築することができます。

ただし、大規模な建築物やアパートなどの不特定多数の人が利用する共同住宅、

ホテル、工場、病院などの特殊建築物について、地方公共団体により厳しい制限を

加えることができます。それぞれの都道府県の条例や施行令を確認することが必要です。

 

例として東京都が定める東京都建築安全条例によると、

延床面積3,000㎡かつ高さ15mを超えるマンションの場合には、

幅員6m以上の道路に10m以上接する必要があります。

 ----------------------------------------------------------------------

重要事項説明書作成のことなら専門のサポート行政書士法人へ

専門のコンサルタントがサポートいたします。全国対応いたします。

 

重要事項説明書作成のトップページへ

重要事項説明書作成のQ&Aのページへ