HOME最新トピックス重要事項説明書の最新トピックス > 建築基準法の道路種別とは?
最新トピックス

2021年6月24日

建築基準法の道路種別とは?

建物を建築する際には、その敷地は原則として建築基準法42条に規定されている道路に接しなければなりません。

建築基準法上の道路種別とは、その条文に記載されている道路の種類のことです。

例えば、以下のような種類があります。

・法42条1項1号道路(通称:1項1号道路)

・法42条2項道路(通称:2項道路)

 

これらの種別は道路課ではなく、建築審査課で調査する必要があります。

(自治体によって課の名前は異なります)

また、これらのどの種別にも該当しない道路は、建築基準法上の道路ではないことになり、

原則建物の建築等は不可ということになります。

 

 

 ----------------------------------------------------------------------

重要事項説明書作成のことなら専門のサポート行政書士法人へ

専門のコンサルタントがサポートいたします。全国対応いたします。

 

重要事項説明書作成のトップページへ

重要事項説明書作成のQ&Aのページへ