HOME最新トピックス重要事項説明書の最新トピックス > 複数の用途地域にまたがる不動産の用途制限は?
最新トピックス

2021年6月15日

複数の用途地域にまたがる不動産の用途制限は?

調査対象の不動産が複数の用途地域にまたがっている場合、

建物の用途制限は、敷地面積全体の過半を占める用途地域が敷地全体に適用されます。

 

一方、建ぺい率・容積率に関しては、各用途地域の敷地面積割合の加重平均となりますので、

図面等で計算しない限り厳密な数値は不明となります。

 

また、敷地面積の最低限度・建築物の高さの制限・日影規制・防火地域・高度地区に関しましては、各用途地域ごとにそれぞれの規制が適用されます。

 

複数の用途地域にまたがる建物の調査をするときは

上記の点に注意して重要事項説明書を作成する必要があります。

 

 ----------------------------------------------------------------------

重要事項説明書作成のことなら専門のサポート行政書士法人へ

専門のコンサルタントがサポートいたします。全国対応いたします。

 

重要事項説明書作成のトップページへ

重要事項説明書作成のQ&Aのページへ