HOME最新トピックス飲食店営業許可トピックス > シーシャ(水タバコ)にもたばこ小売販売業免許が必要なのか?
最新トピックス

2020年6月1日

シーシャ(水タバコ)にもたばこ小売販売業免許が必要なのか?

サポート行政書士法人 たばこ許可担当の水上です。

 

当社では、飲食店やたばこ専門店のスタートアップから、輸入たばこに関するご相談まで幅広くたばこに関する業務メニューを提供させていただいております。

 

こちらでは日々の業務に関連したトピックをリリースさせていただいております。

 

今回は、「シーシャ(水タバコ)を販売ではなく、提供しているだけでも免許は必要か」をご説明します。

たばこ事業法を確認すると、たばこの販売に関しての定義はありますが、提供に関してはありません(2020年6月現在)。

 

シーシャ(水タバコ)屋で行われている事は、シーシャ(みずたばこ)のフレーバーの販売ではなく、提供であると思い、販売には含まれないと考える方もいらっしゃると思います。

 

では、シーシャ(水タバコ)の販売には許可は不要なのでしょうか。

 

答えは「提供でも必要」です。国内の製造たばこ小売販売業許可を管轄している財務局によると、たばこの提供行為も販売と同等としているので、たばこ小売販売に関する免許が必要になり、無い場合は無許可での販売とされてしまいます。

 

すなわちシーシャ(水たばこ)を扱いたいのであれば、一般小売か特定小売を取得することが求められます。

 

場所制限が厳しいのであれば、別の場所で一般小売販売免許を取得して、そこから出張販売を申請する方法もございます。

 

サポート行政書士法人では、シーシャ(水タバコ)のお取り扱いを強化しております。もしシーシャ(水タバコ)を提供したいという事であれば、お気軽にご相談下さい。

たばこ小売販売業許可に関する許認可のご相談はサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、新規でたばこ小売販売業許可を取得される方から、すでに許可を取得されている皆さまに対して、たばこ事業法に関する申請サポートやコンサルティングを行っております。
実際に申請しようとすると、これはどうなのだろう、と思う事多いですよね。
日々企業の皆様の代理人として行政庁への申請や折衝を行っている行政書士だからこそ蓄積できるノウハウ・実績を元に、たばこ小売販売業に関する法務サービスをご提供いたします。
弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。