HOME最新トピックス > 不動産投資顧問業の最新トピックス

最新トピックス

2021年2月8日

【登壇報告】東京都主催「目指せ!独立系資産運用会社」

東京都主催の下記セミナーで、当社行政書士の増野が講師を務めさせて頂きました。

 
セミナーでは、新型コロナ感染拡大を防ぐため、参加はほぼオンライン(緊急事態宣言中はオンライン参加のみ)となっておりました。
 
セミナーは昨年11月から月1回(全4回)行われておりますが、全日程ともすでに定員に達しており、受付はすでに終了しております。たくさんのご応募ありがとうございました。
 
[セミナー概要]  
 内 容:Tokyo独立系開業道場「目指せ!独立系資産運用会社」  
 日 時:2020年11月26日~2021年2月25日(月1回) PM6時00分~8時00分  
 対象者:都内で資産運用業の開業を目指す金融機関勤務者等

講演内容

今回の担当テーマは「資産運用業関連のライセンス取得手続きについて」。

 
金融商品取引業や不動産特定共同事業など、資産運用に関するライセンスの取得手続きについて、解説をさせて頂きました。
 
特に、申請時に意外と見落としやすい点や効率的にライセンスを取得する方法など、実務家ならではのノウハウをお伝えさせていただき、参加した皆様から「資産運用業の開始に向けた課題や、今やるべきことが明確になった」等、うれしい声を頂いています。
 

コロナ禍ですがライセンス取得の問い合わせ、増えています!

コロナ禍ですが、当社には多くのお客様から金融商品取引業・不動産特定共同事業等、資産運用に関するライセンスの新規取得相談は、大変多く頂いております。 

お問い合わせを頂く皆様からは以下のような声を寄せられています。
 
・コロナ禍で攻めの手が打ちにくい今こそ、時間のかかるライセンス対応を進めておきたい
・コロナ明けに急増するであろう資金調達ニーズに対応できるよう
ライセンスを取得して体制を整えておきたい
・コロナの影響を受けた企業が保有不動産の売却を始めているので、その流れに対応したい
 
 
コロナ期間中に、しっかりとライセンスの対応をしておくことは、今後スムーズにビジネス展開をしていく上で非常に重要です。
 
 

お気軽にお問い合わせください。(初回相談無料)

 当社では、資産運用に関する各種許認可の取得手続きはもちろん、事前準備(人材の採用、組織構築等)からライセンス取得後の対応(許認可管理、内部監査、研修等)まで、幅広くサポートしています。


問い合わせフォームでのお問い合わせの他、
電話でもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

問い合わせフォーム:https://www.shigyo.co.jp/contactus

お問い合わせ番号:03-5325-1355

2019年11月26日

整備法律が施行されました

 こんにちは。

サポート行政書士法人の増野です。

 

令和元年914日付で、「成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律」(以下「整備法律」という)が施行されました。

 

この整備法律は、「成年被後見人及び被保佐人の人権を尊重すること」を目的としています。

 

これまで、宅地建物取引業をはじめとする各種業規制制度上、

「成年被後見人及び被保佐人」は、それをもって免許等の欠格事由に該当してしまい、

一律で排除する規定が設けられていました。

 

今回の整備法律の施行を受け、

成年被後見人及び被保佐人であることをもって一律に欠格者として扱うのではなく、

心身の故障等の状況を個別的・実質的に審査して判断するよう見直しが行われました。

 

これにより、不動産関係の法律・実務運用が改正となっています。

 

例えば・・・

 

☑ 宅地建物取引業法

宅地建物取引業法が改正され、欠格事由から「成年被後見人又は被保佐人」が削除され、

その代わりに「精神の機能の障害により宅地建物取引業を適正に営むにあたって必要な認知、

判断及び意思疎通を適切に行うことができない者」が追加され、個別に審査される形になりました。

 

☑ 不動産投資顧問業登録規程

不動産投資顧問業登録規程においても、宅建同様の改正が行われ、

新規・更新登録申請の際に提出していた「登記されていないことの証明書」の提出が不要となりました。

 

これから手続きをされる方は、ぜひサポート行政書士法人までお問い合わせ下さい!

2018年12月27日

宅建・実務経験証明書について Part2

こんにちは。 サポート行政書士法人・新宿本社の鳴海です。

 

実務経験証明書についてお問い合わせが多いので、

先週に引き続きお話させていただきます。

 

宅建の新規登録手続きにおいて、実務経験が有ることを証明するには、

「実務経験証明書」と「従業者名簿」が必要です。

 

例えば結婚などで姓が変わった場合、

過去の従業者名簿と実務経験証明書の氏名が一致しない場合がありますよね。

その場合、どうしたら良いでしょうか?

 

東京都では、名前の推移がわかる資料を追加で提示する必要があります。

例)・旧姓の載っている運転免許証

  ・戸籍抄本

 

実際のお手続きは、各自治体によって変わりますので、ご確認の上進めて下さい。

 

2018年12月18日

宅建・実務経験証明書について

こんにちは。 サポート行政書士法人・新宿本社の鳴海です。

 

12月に宅地建物取引士試験の合格発表があり、

合格者の方は、登録申請~取引士証交付に向けてお手続きをされている最中かと思われます。

 

その際、実務経験証明書が発行された方については、登録実務講習が免除されます。

実務経験証明書は、ご本人が登録申請に行かれる際に必要なので、

合格した都道府県に寄って求められる記載方法が違う場合があります。

 

例えば、証明期間が免許更新をまたぐ場合・・・

■東京都:段を分ける必要はなく、免許証番号の( )の中の番号は現在の番号を記入

■埼玉県:段を分け、免許証番号の( )の数ごとに、実務経験先を別として記入

このように、都道府県に寄って対応が変わることがあるので、注意が必要です。

 

弊社では、宅地建物取引業者の従業者一括管理サポートも行っております。

御社の従業者の資格管理(宅地建物取引士の新規登録、変更、更新の案内など)にお困りでしたら、

ぜひ一度、サポート行政書士法人までお問い合わせください。(初回のご相談は無料です)

 

それでは、よろしくお願いします。

2018年8月9日

「ハトマーク」と「ウサギマーク」

 こんにちは。サポート行政書士法人の増野です。

 

不動産屋でよく見かける赤と緑が基調の「ハトマーク」と「ウサギマーク」。

このシンボルマークの違いについてご存知でしょうか?

どちらも消費者を保護する目的の保証協会で業務的な大差はありませんが

シンボルマークにはそれぞれの協会の思いが込められています。

 

「ハトマーク」【公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会】 通称:全宅

2羽の鳩は、会員とユーザーの信頼と繁栄を意味していて、 

赤色は"太陽" 緑色は"大地" そして白色は"取引の公正" 表してるそうです。

参考:https://www.zentaku.or.jp/about/history/

 

「ウサギマーク」【公益社団法人全日本不動産協会】 通称:全日

的確に情報をキャッチする耳、未来を見る眼、躍進するジャンプ力ある足をもった

「うさぎ」が協会のシンボルマーク。

 オレンジ色は明るい未来を、緑色は豊かな大地と自然を表現してるそうです。

参考:https://www.zennichi.or.jp/about/

 

2つの協会は、不動産取引において問題や苦情、疑義などが発生した場合、

一般消費者を守る重要な協会です。

不動産取引をする際は、相手方がどの協会に属しているかしっかり確認し、

大切な財産を安心して取引したいですね!

 

街で見かけたら、マークの意味を思い出しながら是非見てみてください。

1 / 3123