永住と帰化の違いとは?|東京・名古屋・大阪の行政書士法人│ビザ・帰化・許可はサポート行政書士法人へ
HOME最新トピックス永住ビザトピックス > 永住と帰化の違いとは?
最新トピックス

2018年7月20日

永住と帰化の違いとは?

こんにちは!

大阪支店の天野です。

 今回は、良くある質問の、「帰化」と「永住」の違いについて、簡単にご説明します。

 
 
帰化   永住
外国人が日本の国籍を取得して、
日本人になること
(これまで持っていた国籍を放棄)
意味 外国人の国籍はそのままで、
日本に永久に住めることができる
日本人同様「選挙権」や「被選挙権」
といった、参政権がある
参政権 参政権、被選挙権がない
不要 ビザの更新 ビザの更新→不要
在留カードの更新→必要
就労制限無し 就労
就労制限無し
※公務員については国籍条項により、
永住ビザでも就労できない職種がある。
 

帰化を考えている方で、生涯日本で住み続ける意思があるようでしたら、帰化をされた方が良いでしょう。将来母国に帰ることを考えている人や、母国と日本で取引している人、母国に頻繁に帰国する人、母国が好きという人は帰化しないで、永住申請すれば良いでしょう。

 

ご不明点など、お気軽にお問い合わせください!

相談は何度でも無料です。

サポート行政書士法人技能実習査証visa申請担当