HOME最新トピックス > 補助金の申請が電子化されます
最新トピックス

2020年1月20日

補助金の申請が電子化されます

こんにちは。
名古屋支店の押谷です。

 

昨年12月、経済産業省から補助金申請システム(Jグランツ)がリリースされました。

 

補助金の申請というと、紙での手続きが主流なものが多く、
大量の紙での申請や郵送等の手続きが煩雑であり、
申請者が気軽に申請できるものではありませんでした。

 

今回は経産省管轄の補助金についてにはなりますが、 以下の補助金が電子申請の対象になります。

 

・小規模事業者持続化補助金
・ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金
・サービス等生産性向上IT導入支援事業
・事業承継補助金 等

 

【メリット】
・いつでも・どこでも申請可能
・郵送費等のコスト削減
・書類の押印が不要
・自動入力により、入力負担が軽減
・リアルタイムに申請状況が把握でき、手続きを迅速に行える

 

IDの取得には、2~3週間程度の審査期間が必要となりますので、
公募開始前にはID取得の手続きを進めておいたほうがいいでしょう。

 

今後も電子化の流れはどんどん進んでくるかと思いますので、積極的に活用していってはどうでしょうか。

 

カテゴリ一覧はこちら

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報Facebook
  • 採用情報

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談