HOME許認可製造たばこ小売販売業許可 > たばこ小売販売の事業承継
製造たばこ小売販売業許可

たばこ小売販売の事業承継

 以下のような事業者様に向けた記事です。

 
●タバコ屋を開業したいが、立地の条件が厳しいため物件が決まらない事業者様。
●事業開始時期を早めたいので、既に立地の条件をクリアしている事業者から営業の権利を譲り受けたい事業者様。
●たばこ屋の権利を譲ってもらえることになったが、
何を届け出て、費用はいくらなのか知りたい事業者様。
 
「製造たばこの小売販売業許可(以下、小売販売許可)」を新規取得される場合、距離制限がネックになり、希望の立地に出店できないことがあります。
 
そこで提案したいのが、事業所や設備を含めて許可を承継するという手段です。
有利な立地に出店することが可能になれば、リスクを低減しながら事業開始が可能です。
 
このように小売販売許可を承継する際に必要になる手続きが「製造たばこの小売販売業の承継の届出」です。
 
このページでは、許可の承継に関する弊社のサービスと、承継に必要な手数料や必要書類の情報をまとめていきます。
 

1. 弊社のサービス内容

 個人で届出をされる場合、書類作成等がネックになり、届出がスムーズにいかないことがあります。

また、届出を行わないと操業停止等のリスクもあり、事業者様にとっては早めに片づけたい問題です。
 
弊社はたばこに関する許認可・届出を総合的・中長期的にサポートしております。
ぜひページ下部のフォームよりご相談ください。
 

2. 手続きの詳細

 「製造たばこの小売販売業の承継の届出」は、小売販売業者について「相続」or「合併」or「分割」があった時に「承継者※」が行う手続きです。

※)事業者Aから事業者Bに許可を引き継いだ場合、事業者Bが承継者に該当します。
 
 
届出先、手数料等は以下の通りです。
 
手続き名:製造たばこの小売販売業の承継の届出
提出時期:製造たばこ小売販売業者の地位を承継したとき遅滞なく
申請に係る手数料:無料
提出先:最寄りの日本たばこ産業株式会社(JT)の支社
提出方法:持参又は郵送、宅配便等により送付
必要書類:ページ下部に表示
 
ただし、承継者が以下のいずれかに当てはまる場合、弊社では承継のサポートは行っておりませんのでご注意ください。
・承継者がたばこ事業法に違反し、罰金以上の刑に処せられており、その執行の終了または執行を受けることがなくなった日から起算して2年以内である場合。
・承継者が小売販売業の許可の取消されてから2年以内である場合。
・承継者が破産手続開始の決定を受けて復権を得ていない場合
 

 

問い合わせフォーム

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. オンライン面談希望
  4. ※必須
  5. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

製造たばこ小売販売業許可TOP

許認可

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録