HOME許認可製造たばこ小売販売業許可 > 喫茶店で喫煙可能にする
製造たばこ小売販売業許可

喫茶店で喫煙可能にする

喫煙者の肩が狭くなる昨今、喫煙できる喫茶店は新規の顧客獲得・既存の顧客のリターンが望めるでしょう。
喫茶店をやられている、これから始められる方に向けて、喫茶店で喫煙可能にする方法をお伝えします。

 たばこを吸えるようにしたい!どうするべきか

全席喫煙可能にするには、以下の二つの方法があります。
〇喫煙目的店として登録する。
〇喫煙可能店として届出を出す。

方法があるなら簡単だと思われるかもしれませんが、
実はどちらも条件が厳しいものになっています。
次に要件をご説明します。

 全席喫煙可能な喫煙目的店とは

喫煙目的店の要件は、
〇たばこ小売販売業(出張販売を含む)免許があること
〇「主食に該当する食事」を主として提供(※)せずに飲食営業をしていること

(※)主食に該当する食事とは、「米、パン、麺、ピザ」等を指します。

この条件をクリアすることで店内喫煙が可能になります。
ただし、お客様だけでなく従業員も
20歳未満の施設内立ち入りが禁止になってしまいます。

従って客層としてファミリー層が多いところでは、お子様を連れての来店が不可能になりますので、
ご自身の客層を踏まえた戦略が求められます。

 喫煙可能店の要件は、
〇2020年4月1日以前にオープンしている事。
〇従業員がいない店舗である事。

特に注意いただきたいのが、従業員がいない店舗であることについてです。
一人で経営されている事業者様若しくは家族経営等で雇用関係にない必要があります。

こちらも上の要件に加え、お客様と従業員含め20歳未満の方は
施設内立入禁止になります。

いかがでしたでしょうか。
一概に喫煙可能といっても条件が変わってまいります。
自分の店舗がどこに当たるのかわからないようでしたら、
下の問い合わせフォームからご相談頂ければと思います。 

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. ※必須
  4. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

製造たばこ小売販売業許可TOP

許認可

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談