HOME許認可就労継続支援事業 > 障害福祉サービスの仕組み
就労継続支援事業

障害福祉サービスの仕組み

障害福祉サービスを利用する障害者・障害児の保護者の方には、
居住地の市町村からサービスを利用するための費用として、介護給付費又は訓練等給付費等が支給されます。

実際には、この費用はサービスを提供する事業者による代理受領方式がとられるため、市町村から事業者に支払われることになります。
ただし、訓練等給付費を利用者の賃金に充てることは認められておらず、生産活動収益で、利用者賃金・工賃を賄う必要があります。

特に、就労継続支援A型では生産活動収益が現実的な数字であるのか、
利用者の仕事量を確保できるか等、多角的に審査が行われます。
生産活動に関する事業収支予算書、事業所で行う予定の事業の作業量積算根拠の作成も、
当社でサポートいたします。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから(相談・見積無料)

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. office
  4. ※必須
  5. 弊社を知った経緯をお選びください(複数回答可)
  6. 問合せ経路
  7. 利用規約及びプライバシーポリシーの内容に同意の上、
    送信ボタンをクリックしてください
  8. Captcha
 

就労継続支援事業TOP

許認可

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録