HOME許認可就労継続支援事業 > 就労継続支援処遇改善加算
就労継続支援事業

就労継続支援処遇改善加算

処遇改善加算とは

 正式名称を「福祉・介護職員処遇改善加算」といいます。

現場で働く福祉・介護人材へ、キャリアアップの仕組みを作ったり

職場環境の改善を行ったりする介護施設や事業所に対して、

「報酬」という形で介護職の給与を上げるお金を地方自治体から支給する制度です。

 

日本がこれから直面する高齢化問題や介護人材不足問題に対して

介護職員の定着や、やりがいを持てる職場づくりを促進する制度となります。

 処遇改善加算の種類について

 処遇改善加算では、主に以下の3種類の加算があります。

 

・処遇改善加算

・特定処遇改善加算

・処遇改善特別加算(令和3年度末に廃止)

 

現在では、ほとんどの介護施設や障害福祉サービス事業において、

処遇改善加算・特定処遇改善加算を併せて取得しています。

 処遇改善加算・特定処遇改善加算の主な違い

どちらの加算も介護職の給与アップを図るものであり、

通常の介護報酬に上乗せする形で支払われる加算制度ですが、

大きな違いとしては、加算をする「対象職種が違う」「加算率が違う」ということです。

 

処遇改善加算

 対象:介護職員全般

 加算率:13.7%(訪問介護且つ加算Ⅰの場合)

 

特定処遇改善加算

 対象:主に勤続年数が長く、経験や技量に優れた職員

 加算率:6.3%(訪問介護且つ加算Ⅰの場合)

 

※加算区分・職種によって加算率は変動します

 全国対応可能

障害福祉サービスの申請は専門性が高く、対応している行政書士が少ない分野の一つと言えます。

弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

 サポート行政書士法人

 お問い合わせはこちらから(相談・見積無料)

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. office
  4. ※必須
  5. 弊社を知った経緯をお選びください(複数回答可)
  6. 問合せ経路
  7. 利用規約及びプライバシーポリシーの内容に同意の上、
    送信ボタンをクリックしてください
  8. Captcha
 

就労継続支援事業TOP

許認可

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録