HOME許認可障がい福祉サービス事業 > 居宅介護・重度訪問介護
障がい福祉サービス事業

居宅介護・重度訪問介護

障がい福祉サービス事業の中の居宅介護・重度訪問介護についての説明ページです。

 居宅介護

居宅介護とは、障害者総合支援法に基づく障がい福祉サービスの一つで、障害者の在宅生活を支援する訪問系の最も基本的な介護サービスです。 

・日常生活(入浴、排せつ、衣類の着脱、食事等)の身体介護
・家事援助(調理、洗濯、買物、掃除等)
・通院等介助           など

 重度訪問介護

 重度の肢体不自由者であって常時介護を要する方に、居宅介護と同様のサービスを行うことです。

<重度訪問介護の対象者>
①身体障がい者
・区分4以上であって、二肢以上に麻痺等があること
・障害程度区分の認定調査項目のうち「歩行」「移乗」「排尿」「排便」のいずれも「できる」以外と認定されていること

②知的障がい者・精神障がい者
・区分4以上
・障がい福祉サービスにおける障害程度区分の認定調査項目のうち、行動関連項目等(11項目)の合計点数が8点以上である方

障がい福祉サービス事業TOP

許認可

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談